そのしみ肝斑(かんぱん)かも?普通のレーザーなら悪化するけどレーザートーニングならケアできる!

   

品川スキンクリニック

30代を過ぎると肌のターンオーバーが鈍くなってくるため、しみの悩みが深刻になってきます。

そこで市販の美肌のための化粧品などで一生懸命ケアをするようになると思うのですが、全く改善されないこともあるでしょう。

それ、もしかしたら肝斑(かんぱん)かもしれません。

普通のしみとは性質の違う肝斑とはどういうしみなのか、どのように治せばいいのかご説明します。

肝斑と普通のしみとの違い

肝斑とは目の外側や下アゴ、鼻の下あたりに左右対称にできる薄めの褐色のしみで、しみになっている部分となっていない部分との境界がはっきりしないのが特徴です。
例外的に左右のどちらかだけに出来たり、額や上腕部に出来ることもあります。

普通のしみは紫外線が表皮にあたると、メラノサイトに信号が送られてメラニンを生成、皮膚を守るためにケラチノサイト内にそのメラニンが留まることでできます。

しかし肝斑は多くが左右対称に出来ることから、紫外線などの外的な要因ではなく、プロゲステロンなどの女性ホルモンや避妊薬などの内的な要因で出来るのではないかと推定されていますが、まだはっきりとした原因はわかっていません。

ちなみに肝斑いう名前は色や形が肝臓に似ているからそう呼ばれるようになったと言われていて、肝臓に問題がある場合に皮膚や白目が黄色くなる『黄疸(おうだん)』と勘違いされやすいですが、全く違うものです。

普通のしみと違うからメラニン対策は必要ない?

肝斑は普通のしみのように紫外線に誘発されて出来るわけではなさそうだと思われていますが、比較的太陽の日に当たる時間が長い人や元々肌の色が濃い人によく見られます。

それに肝斑ができている状態で日光に長時間当たり続けると症状が悪化することや、ビタミンCやピーリングなど普通のしみ対策で改善が見られることから、やはり紫外線対策や美白のためのケアは重要です。

他にも顔をさわるクセがある人に出やすい傾向があるとも言われているので、洗顔やスキンケアのときに強くこすらないように気をつけましょう。

メラニンを排出するためには皮膚のターンオーバーを促す必要があるからといって、しみや肝斑がある箇所をマッサージをしてほぐせばなんとなく早く皮膚が入れ替わるんじゃないか、と思って頻繁に揉みほぐしたりすることは逆効果になりますので、絶対にやってはいけません!!

しみ消しのレーザーは逆に肝斑のしみを濃くしてしまう

肝斑と普通のしみとの違いでやっかいなのが、通常のしみ消しに使われるレーザー治療や光治療(フォトフェイシャル)を当てると逆効果になってしまうという点です。

普通のレーザー照射ではメラニンを生成するメラノサイトを刺激してしまい、活性化することが原因だと考えられています。

しみもそばかすもほくろも肝斑も、すべて同じレーザーで一気にキレイになれば簡単なのですが、肝斑には逆効果なので、肝斑と他のしみなどが重なっている場合は気をつけなければいけません。

肝斑の治療方法

肝斑は普通のしみとは原因が違うのに、同じようにケアはしないといけないし、レーザー治療が逆効果で、今までは中々対策が難しかったのです。

トラネキサム酸やビタミンC、ビタミンEなどの飲み薬や塗り薬、イオン導入、ピーリングなどは他のしみと重なっていた場合でも有効な治療方法ですし、プラセンタ注射が効果がある場合があります。

肝斑は60代ぐらいになると自然に収まることが多いので、今までは上記の治療で治らない場合は歳をとるのを待つしかありませんでした。

でも30〜40代だからこそ肝斑があるせいで老けて見えるのがつらいわけで、出来るだけ早く治したいに決まっています。

そこで近年新しく肝斑に効果がある『レーザートーニング』が開発されました。

レーザートーニングとは?

レーザートーニングとはConBio社のメドライト(MedLite) C6というQスイッチYAGレーザーの機能の名前です。

このメドライトC6というレーザー治療器は肝斑のためだけに開発されたものではなく、しみ、くすみ、ニキビ跡、タトゥー除去など様々な症状に対応できる高機能な機器なのですが、「レーザートーニング」という特別な照射モードを使うことで肝斑も改善することが出来るようになりました。

レーザートーニングが普通のレーザー照射と大きく違う点は、非常に低出力なため肝斑の原因になるメラノサイトを活性化させることなく改善できるというところ。

ただ低出力なだけではなく、トップハット型といって照射面全域に均一なエネルギーを届けることが出来るため、非常に効果が高くなっています。
(旧来のQスイッチYAGレーザーはガウシアン型といって、ビームの中心部は密度が高く、外側になるにしたがって密度が下がるためどうしてもムラが出てしまうという欠点がありました。)

しかもレーザートーニングは肝斑だけではなく、他のしみや色素沈着、くすみ、開いた毛穴の改善にも効果があります。
メドライトC6は1台で532nmと1062nmの2つの波長を選ぶことができ、皮膚の表面上から深部まで様々な治療ができるのも大きな特徴です。

メドライトC6だけじゃない!肝斑治療の最新機器

スペクトラ(ルートロトーニング)

韓国の医療機器メーカー、ルートロニック社が開発したスペクトラという機器にルートロトーニングという機能があり、メドライトC6と同じく肝斑治療に使えるトップハット型の低出力レーザー照射ができます。

スペクトラも肝斑治療だけではなく様々な肌の症状の改善に使用でき、FDA(アメリカ食品医薬品局)に認定されていて30ヶ国以上で実績がある機器になります。

トライビーム

Jeisys製のトライビーム(TRI-BEAM)も532nmと1,064nmの2つの波長のレーザー光により治療を行うQスイッチNd:YAG(エヌディーヤグ)レーザーで肝斑治療が可能。

特徴的なのはQusai-Long PulseによるGen Technique™という世界初の機能です。

この機能は簡単に言うと必要なところだけ狙ってレーザーを照射することによって、正常な肌に不要なダメージを与えないようにできる機能なのです。
小さな治療部位であれば強力なエネルギーを短時間で照射できるので効果も抜群。

スムースクール

スムースクールはレーザー治療器ではなく、光治療機(IPL)で、肌のダメージを抑える冷却装置を搭載しているのが大きな特長で、一番安全性の高い機器と言えます。

光治療機ですが、3つの波長を兼ね備え、従来のレーザー治療と光治療のメリットを取り入れ、デメリットを改良していて、肝斑以外にもしみ、そばかす、ホクロ、タトゥー除去に使用可能なことはもちろん、毛穴の開き、黒ずみ、ニキビの改善、ピーリング効果によって肌にハリとツヤを与える効果もあります。

レーザートーニングQ&A

レーザートーニングの治療って痛い?

レーザートーニングは低出力で短いパルスではありますが、輪ゴムでパチンと弾いたような痛みを感じます。

医療脱毛の経験がある方は想像しやすいと思いますが、レーザー治療特有の刺激はあります。

痛みの感じ方は人それぞれではありますが、麻酔が必要なほどの痛みではないでしょう。

施術後、やや赤みが出てヒリヒリする感じが残りますが、数時間で落ち着いてきます。

治療時間はどれぐらいかかる?

肝斑の面積によって大幅に変わってきますので、一概に言えませんが1回あたり30分もかかることはないでしょう。

一度の施術で完全にキレイに肝斑のしみが取れるわけではありませんので、1度受けた後は、1週間後に2回目、それから2週間後に3回目、それ以降は1ヶ月毎に受けて合計6回ほど受ける患者さんが多いです。

症状によって薄いしみなら1回で消えることもあれば、月に1回のペースで10回以上通う必要がある場合もありますので、カウンセリングでしっかり確認してください。

ダウンタイムはどれぐらい?メイクはすぐにできる?

施術後数時間でヒリヒリした感じが落ち着いたら、後は通常通りの生活が可能ですが、オススメとしてはあまり施術箇所には触れないようにしたほうがいいでしょう。

シャワーや洗顔、洗髪は当日から可能ですが、出来れば長めの入浴、飲酒、激しい運動などは控えて、レーザーを照射した部分は強くこすらないように気をつけてください。

レーザートーニングさえ受ければ肝斑ケアは完璧?

肝斑ケアはレーザートーニングだけ受ければそれだけでいいわけではありません。

日光に当たらないようにUVケアは必須ですし、内服薬や塗り薬を併用したほうが効果が高いため、ほとんどのクリニックで他のものと組み合わせて治療をします。

肝斑のケアは面倒で大変だと思うかもしれませんが、これらは肝斑のためだけのケアではありません。

30代、40代ともなれば、肝斑以外のしみや黒ずみも気になってくるころだと思います。

肝斑以外の部分もキレイになっていきますので、面倒くさがらずしっかりケアしてくださいね。

レーザートーニングによる肝斑治療が受けられる美容外科

聖心美容クリニック

聖心美容クリニックではスペクトラやトライビーム、スムースクールといった最新の機器で肝斑治療が受けられることが特長です。
スペクトラは札幌院・横浜院限定、トライビームは東京・大宮・熱海・名古屋・大阪・広島・福岡院限定、スムースクールは東京院限定になっています。

↓↓聖心美容クリニックの公式ページはこちら↓↓
美容整形のこと何でもご相談ください_アンバー

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックはメドライトC6(品川院、大阪駅前院限定)、スペクトラ(銀座院、品川院、柏院、川崎院、大阪駅前院、大阪あべの院、大阪京橋院、岡山院以外)での肝斑治療が受けられます。

湘南美容クリニックの肝斑治療はホホのみの初回お試しが2,800円で受けられたり、全顔1回7,500円、3回15,000円で受けられるトライアルコースがあるのが最大の魅力です。

もちろんトライアルコースと言ってもちゃんとした治療を受けられますので、美容外科未経験の方はぜひこういったコースを利用して実際に体験してみてください。

↓↓湘南美容クリニックの公式ページはこちら↓↓
美容整形

品川美容外科

品川美容外科の肝斑治療はメドライトC6です。

湘南美容クリニックと同じくホホのみの初回お試しは2,800円なのですが、顔全体の初回お試しが4,800円で格安。
顔全体6回コースが46,000円で1回あたり7,666円。
湘南美容クリニックが5回コースが41,000円なので、1回あたり8,200円。

料金だけで比較すると品川美容外科の方が安いのですが、微差だと思いますので、通いやすい方とかなんとなくイメージがいい方を選ぶというので大丈夫でしょう。

↓↓品川美容外科の公式ページはこちら↓↓
品川スキンクリニック

 - 美容整形