品川美容外科のワキガ・多汗症治療が最強と言われる理由とは?

      2016/11/08

品川美容外科

品川美容外科と言えば、プチ整形や若返り美肌系が人気があるので、ワキガ・多汗症治療の評価が高いことをご存知でない方も多いのではないでしょうか。

ワキガ手術を専門的にしているクリニックと比べても、品川美容外科のワキガ治療のほうがいい面もあるので、ある意味最強だと言う人もいるぐらいです。

その理由は『とことん超音波ハイブリッド法』を始めたくさんの種類があり、どんな症状の方にでもぴったり合う治療法が見つけられることだと思います。

例えば、臭いの弱い多汗症の人の場合、初夏から秋にかけてだけ症状を和らげるボトックス注射で十分な場合などがあるのです。
その場合両ワキで2万円以内で収まりますのでとてもリーズナブルですよね。

ワキの臭いがきつい場合は手術をして完全にワキガを治してしまうことももちろん可能です。
その場合でも術後の通院は必要なく、傷跡は1〜2cm程度で済みますので他人にバレる心配もほとんどありません。

ワキガではない多汗症で、ワキ汗や手汗、足汗でお悩みの方の場合は塗るタイプの制汗剤での対処で済む可能性もあります。

臭いに関しては自分ではどれぐらいの症状か判断できませんし、知人もなかなか本当のことを言ってくれないことが多いですよね。
ワキの臭いが気になりすぎて、絶対に自分はワキガだと思いこんでいるだけの方もよくあることですので、気になる場合は早目に医師に診てもらうといいでしょう。

ここでは品川美容外科のワキガ・多汗症対策にはどのような種類があるのかご紹介します。

注入によるワキガ・多汗症治療

注入によるワキガ治療と言えばボトックス注射です。

ボトックス注射は表情じわをとったり、エラの筋肉(咬筋)をボリュームダウンする小顔効果やふくらはぎを細くすることにも使われます。
そんなボトックス注射がなぜワキガ・多汗症治療に効果があるかというと、『アセチルコリン』の作用を弱めて、エクリン汗腺からでる汗を抑えることができるからです。

ワキガの根本的な原因となるアポクリン汗腺に作用するという誤解もありますが、直接アポクリン汗腺には作用しません。

詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

参考記事:『ボトックス注射はワキガに効果があるの?

品川美容外科では韓国Medy-Tox社製のボツリヌス・トキシンとアメリカアラガン社製のボトックスのどちらかを選ぶことができ、ボツリヌス・トキシンの方がやや安いですが、ボトックスの方がやや効果が長いという違いがあります。

どちらが合うかはカウンセリングで確認していただくことになります。

注入による治療は処置時間が5〜10分程度と短く、抜糸の必要がないので処置後に通院は必要ありません。

ダウンタイムもほとんどなく、シャワーや入浴もその日から出来ますし、スポーツなどをすることも大丈夫。
注入口にハレが出たり、内出血が出る場合もありますが、一週間以内に収まります。

ただ1点だけ注意が必要です。
意外だと思われるかもしれませんが、処置後女性の場合2ヶ月間、男性の場合は3ヶ月間の避妊しなければなりません。
妊娠中、授乳中の場合はボトックス注射によるワキガ・多汗症治療は受けられません。

何の関係があるのか不思議ですよね。ボツリヌス菌が赤ちゃんに悪影響があるのでしょうか?
赤ちゃんに影響があるようなものであれば、成人の身体にも何か負担があるんじゃないか、と心配になるかもしれまん。

実はまだボトックス注射をした後の妊娠や、妊婦への処置についてデータが少なく「影響がわかっていないので念のために避けている」のです。

健康体の場合のデータはたくさんあるので、人体への影響はないと言えるのですが、妊娠というのはホルモンバランスや免疫系がどうなるのか、まだまだ現代の医学でも完全解明されていないんですね。

本格的なワキガ・多汗症治療

品川美容外科の手術によるワキガ・多汗症治療ですが、大きく分けて3つと施術できる院が限定されますがもう1つの合計4つの方法があります。

プレミアム超音波サーマル法

プレミアム超音波サーマル法はSONOPET(ソノペット)というワキガ治療器を使って、超音波でワキガの原因であるアポクリン汗腺を破壊します。

超音波で破壊するということは、皮膚の下にある組織を焼くということなので、ワキガの再発をかなりの程度防ぐことが出来るのですが、気になるのがヤケドです。
ソノペットはヤケド対策のために生理食塩水を出し続けて一定の温度を保つようになっているので、破壊しなくていいところまでヤケドしてしまわないような仕組みになっています。

超音波ハイブリッド法

超音波ハイブリッド法は『プレミアム超音波サーマル法』+『剪除法(せんじょほう)』によるワキガ治療です。

剪除法とはワキの皮膚をめくって、直接目で確認しながらアポクリン汗腺を除去する完全摘出法になります。

超音波ハイブリッド法だけだと再発の心配がある場合にオススメな方法です。

参考記事:『剪除法(せんじょほう)のメリットとデメリット

とことん超音波ハイブリッド法

なんといっても品川美容外科がワキガ・多汗症治療最強説の一番の理由はこのとことん超音波ハイブリッド法でしょう。

『プレミアム超音波サーマル法』+『剪除法(せんじょほう)』+『スマートリポレーザー』による治療で、かなり臭いのキツいワキガの方が一発で完全に再発しないようにしたい場合にオススメです。

スマートリポレーザーとは余分な脂肪を除去する痩身の手術にも使用されるものなのですが、超音波とは違う特長を持ったダイオードレーザーを使って汗腺を破壊するため、超音波だけでは破壊しきれずに残った汗腺の取りこぼしを防げます。

超音波、剪除法、レーザーの3つの治療法ですが、これらはそれぞれどれか1つだけでも十分効果があるもので、ワキガ治療を専門的に行ってるクリニックでも全部してくれるところはそんなにないかもしれません。

ベイザー超音波ハイブリッド法

ベイザー超音波というのは、脂肪吸引でよく使われるものでVASER波という特殊な超音波によって脂肪組織だけを溶かして吸引します。

脂肪組織だけに影響がある超音波なので血管や神経に傷をつけないことと、ワキにつける傷が小さくて済むので、回復が早くダウンタイムが短くなるのが特長です。

ただしベイザー超音波ハイブリッド法は品川院、新宿アイランドタワー院、新宿院、池袋院、名古屋院、心斎橋院、梅田院限定になります。

ワキガ治療は品川美容外科で決まり?

品川美容外科でワキガ・多汗症治療の相談をするだけで、おそらくほとんどの人に合う施術が見つかると思います。

他と比べても料金は安く、1年間の保証もあって、手術をした後の通院も必要なしで、効果もバッチリ。

じゃあもうワキガ治療は品川美容外科で決まりで、全員品川美容外科でいいじゃないか、と言いたいところなのですが、最近ワキガ治療で人気が出てきている『ミラドライ』は品川美容外科では受けることが出来ません。

『ミラドライ』とは米国ミラマーラボ社が開発したマイクロ波を使ったワキガ治療で、メスを入れないので傷跡が残らないことが特長です。

今のところ再発のことを考えると、メスを入れる剪除法の効果が一番高いことは間違いないのですが、メスを入れない『ミラドライ』というものもあるということだけご紹介しておきます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
参考記事:『ミラドライでワキガをしっかり治療しよう|切らないワキガ治療

症例数500万件突破!実績と信頼の品川美容外科
↓↓公式ページはこちらをクリック↓↓
品川美容外科

 - ワキガ, ワキガクリニック, 品川美容外科・品川スキンクリニック