脂肪吸引のダウンタイムの正しい過ごし方

      2016/02/22


脂肪吸引を上手に受けるためには確かな技術を持った医者に適切に脂肪を除去してもらう事はもちろんですが、脂肪吸引をした後のアフターケアをどのように行うかという事もとても大切になってきます。

脂肪吸引をした後、元の生活に戻るまでの期間を通称ダウンタイムと呼びます。

この期間をどのように過ごすかという事は、このダウンタイムを短くしたり、体を健康的に回復するためには必要なことはもちろん、キレイに仕上がるかにも影響があるのです。

ダウンタイムを正しく過ごすために

ダウンタイムを正しく過ごすためには、まずは脂肪吸引をするクリニックではどのようなアフターケアが行われているかをチェックしておきましょう。

クリニックによってアフターケアの方法が変わってきたり、期間も変動してくる場合もあるのでしっかりと指導を行ってくれるクリニックが好ましいです。

ダウンタイムの間、とくに処置後直は安静にしている事が求められます。

処置をした場所を圧迫固定し、脂肪を除去した所に不必要な物質が流れ込む事を防ぎ、腫れや炎症を防ぐためです。

ある程度体が落ち着いた後には徐々に血行を良くするために体を動かしていくことになりますが、この時にも適切な方法で体を動かし、余り無理をしないようにすることが大切です、

他にも、どの様な投薬(抗生物質や痛みどめ)が行われるのか、抜糸やマッサージの過程、食事療法などなど、出来るだけ早く元の生活に戻れる様にどれだけのサポートが行われるのかは事前にチェックをし、喫煙禁酒等の指示にはしっかりと従い、適切なダウンタイムの期間を過ごすようにしてください。

ダウンタイムの期間は?

ダウンタイムの期間は、脂肪吸引の方法から個体差、脂肪吸引個所等様々な条件によって変動をしますが、処置後1,2週間は腫れなどの少し日常生活に不便を感じる期間があると思っておいて良いでしょう。

術後抜糸をするまでの期間は約1週間で、その間の入浴は避けて軽くシャワーを浴びるだけにします。

処置後直には個所によっては次の日にはある程度動ける個所と、しばらくは安静にしておかなければいけない個所がありますので、事前に平均的にはどれくらいのダウンタイムの期間が必要なのかを確認してスケジュールを調節するようにしておいてください。

無理に動くと患部の傷が悪化する場合もあるので、しっかりと休息を取ることが大切です。

万が一思ったように回復していかない場合や気になることがあったときに、すぐに相談が出来るクリニックを選ぶことも大事で、例えば湘南美容クリニックは担当医に直接メールで相談ができるなど、アフターケアが充実しているのでオススメします。

>>湘南美容クリニックのホームページはこちらをクリック<<

脂肪吸引

 - 脂肪吸引, 美容整形