筋トレ前のストレッチは逆効果?筋トレ前の正しいストレッチ方法とは

      2016/11/21

ジムなどで筋トレの準備運動として、マットの上で筋肉を目いっぱい伸ばしてストレッチをしている人がいますが、実は筋トレ前に目いっぱい伸ばしてストレッチすると「筋力が落ちてしまう」のです。

どうして筋トレ前にストレッチすると筋力が下がるの?

筋トレ前に目いっぱい伸ばしてストレッチをすると、副交感神経が優位になるので、筋肉が弛緩(しかん)してしまいます。すると筋肉のパフォーマンスが落ちてしまい、力を最大限に発揮できなくなってしまいます。

でも「ストレッチしないでいきなり筋トレしたら怪我しそう」と思いますよね?

そもそもストレッチには「静的ストレッチ」と「動的ストレッチ」があり、この2つは似ているようで全く違うタイプの動きになります。

実は筋トレ前に効果的なストレッチは決まっているのです。

静的ストレッチと動的ストレッチ

では「静的ストレッチ」と「動的ストレッチ」は、どのような違いがあるのでしょうか。

静的ストレッチ(スタティックストレッチ)

筋肉や腱を一定時間かけてゆっくり伸ばすストレッチです。
一般的なストレッチやヨガなどは、この静的ストレッチになります。

反動を使わずに関節の可動域を広げていき、無理のない程度に筋肉が伸ばされた状態をしばらく保つ方法で、これを何セットか繰り返し行うことで効果が出ます。

動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)

関節を少しずつ動かして可動域を広げ、身体を活性化させるストレッチです。
ラジオ体操などは動的ストレッチになります。

動きの中で腕や足などをいろいろな方向に回すことで、関節の可動域を広げていきます。

筋トレ前の正しいストレッチ方法とは

筋トレに効果的なストレッチとは、

「筋トレ前には動的ストレッチ」
「筋トレ後には静的ストレッチ」

をするのです。

一番のオススメは、まずは有酸素運動で軽く身体を温めます。徐々に身体が温まってきたら動的ストレッチで筋肉をほぐしていき、ようやく筋トレ開始です。あまり長々とストレッチをすると逆に疲れてしまうので注意が必要です。

筋トレ後には静的ストレッチを行います。これにより筋肉の疲労軽減、回復効果があるので、しっかりと行いましょう。

 - ダイエット, トレーニングジム, 筋トレ