アスリートも認める酸素カプセルの絶大な効果

      2016/11/21

medi_b_color1

現在大気中の酸素濃度は約21%ですが、かつて地球上では約30%くらいの酸素濃度があったそうです。

現代は大気汚染などにより酸素が不足しており、本来酸素を必要としている細胞に酸素が届かず、身体中の細胞が酸素不足になっています。

しかし酸素カプセルに入ると、不足している酸素を身体中から摂取し酸素不足を解消できます。

そもそも酸素には「結合型」と「溶解型」の2種類がありますが、普段の呼吸で体内に取り入れているのは結合型の酸素になります。

しかし結合型酸素は、体内に張り巡らされている毛細血管よりも大きいので、身体の隅々まで行き渡らせることができません。

酸素カプセルでは「溶解型」の酸素を発生させることができ、溶解型酸素は毛細血管にまで浸透させることができるのです。

酸素カプセルでは「気圧をかける」ことによって、身体中に酸素を浸透させることができます。

酸素カプセルに入るとどんな効果があるの?

酸素カプセルには以下のような効果・効能が期待できます。

・筋肉疲労回復
・骨折
・二日酔い
・アンチエイジング
・ダイエット効果
・集中力アップ

酸素カプセルでの有名なエピソードとしては、サッカーのベッカム選手がワールドカップ直前で骨折をしてしまい、ワールドカップに間に合わないと思われていたのですが、酸素カプセルに入ったところ、短期間で回復しワールドカップに間に合わせたというエピソードがあります。

また高校野球でハンカチ王子こと斎藤佑樹投手が、過密スケジュールでの高校野球を酸素カプセルに入ったことで乗り切ったともいわれています。

スポーツや疲労回復以外に美容効果もあり、体内の酸素濃度を上げることで新陳代謝が活性化しますので、肌にハリがでるなどアンチエイジング効果も期待できます。

筆者は一時期酸素カプセルに通ってた時期があるのですが、個人的な体感としては負荷の強いトレーニングをすると翌々日に筋肉痛がきたりするのですが、酸素カプセルに入ると翌々日にくるはずの筋肉痛が翌日にきていたので、疲労回復効果はあるのかなぁと、ぼんやり体感していました(笑)

酸素カプセルを利用されている方はわかると思うのですが、酸素カプセルを出るとボーっとしてしまい、逆に疲れたと錯覚してしまう時があるのですが、少し時間が経つと疲労回復されています。

酸素カプセルはどんなものを選べばいいの?

酸素カプセルは種類がたくさんありますので、どれを選んでいいのかわからない人も多いと思います。

オススメは気圧の高い酸素カプセルになります。

通常の酸素カプセルだと1.3くらいになるのですが、医療用の酸素カプセルは最大2.0気圧ほどまで上げます。

酸素カプセルの利用料金の設定は、60分で3,000〜6,000円くらいが平均的です。

『オキシリウムメディカル1.5』であれば医療用まではいかなくても1.5気圧まで上がりますので、より効果の高い酸素吸引が可能になります。

また接骨院や個人ジムを経営されている方は、購入してお客さんに提供してもいいですよね。

 - ダイエット, トレーニングジム, 筋トレ