妊娠した場合には脂肪吸引は受けられる?

      2016/08/28


女性で妊娠出産の予定がある人の場合には脂肪吸引は受けられるのでしょうか?

また脂肪吸引をしたことによる出産への影響はどうなのか、腹部の脂肪吸引は特に気になるところでしょう。

まず基本的には妊娠中は脂肪吸引を受けることはオススメできません。

脂肪の吸引自体が直接胎児に影響がないとしても、身体に対する負担や麻酔、抗生剤などの薬の影響が考えられるからです。

気になる方は医者と適切な相談、カウンセリングをへて是非検討をしてみて下さい。

腹部の脂肪吸引は妊娠出産に影響するのか

例えば、今は妊娠をしていなくて今後子供が欲しいと思っている、という場合であれば脂肪吸引は可能です。

脂肪吸引はあくまで体の中にある皮下脂肪を除去する技術になります。

体の内臓脂肪を除去する物でも無いために妊娠をした場合にも、脂肪吸引をしたことによる影響は特にないでしょう。

もちろん出産が自然分娩ではなく帝王切開になってしまった特にも同様で、脂肪吸引をしたから帝王切開もできないという事は無いので安心して下さい。

脂肪吸引時に使われる麻酔も、時間と共に対外に排出されるため、未来の妊娠出産には問題ないでしょう。

出産後の脂肪吸引は?

では次に、出産をした後に脂肪吸引を受けられるのかですが、産後に体型が変わってしまう女性は多いですので気になるところですよね。

これは可能です。

しかし、授乳をしている場合には、脂肪吸引時には麻酔を使用する事になるので代わりのミルクが必要になってきますし、服薬にも気をつけなければいけません。

処置後のアフターケアは大体1〜2週間程度かかり、しばらくの間は安静にしておくべき期間があります。

ですので出来れば出産後は、お子さんの手がかからない、もしくは一定期間子供や自分の面倒を見てもらえる相手がいるという場合にのみ、脂肪吸引をすることをお勧めします。

出産育児は体力、精神力ともにとても疲弊しやすい期間ですが、脂肪吸引も同じく自分の体の為にやるべきことが多いのです。

余裕がない時には見送って、落ち着いて処置後のケアにも取り組めるタイミングで受けるようにしましょう。

>>湘南美容クリニックのホームページはこちらをクリック<<

脂肪吸引

 - 脂肪吸引, 美容整形