脂肪吸引の腫れや内出血にはしっかりとしたアフターケアを

      2016/02/22


脂肪吸引をした時に気になるのが術後にどの様な弊害が体に起こるのか、という事ではないでしょうか。

脂肪吸引をするという事は通常の外科手術と同様だと思っておいた方が良いでしょう。

脂肪吸引のメリットは短時間で大幅に体型を変えることができることですが、その分だけどうしても体への負担が大きいのです。

手術をした後には体の調子が戻るまでしっかりとアフターケアをしていくことがとても大切になります。

特に動ける様になっても処置した箇所がずっと腫れていたり、むくんでいたりしたら嫌ですよね。

出来るだけ早く違和感が消えるように、適切なアフターケアを行っていく様にしましょう。

脂肪吸引の直後は?

脂肪吸引をした後には、ある程度の時間は日常生活が送れない期間があります。

箇所にも寄りますが大体1〜2週間、長くて3週間は腫れが引かないと考えておきましょう。

特に処置後、傷が治るまでの間は出来るだけ動かさないようにしてください。

痛み止めも処方されますが、適切な摂取が重要で、痛み止めを飲んで無理をするとどうしても回復が遅くなるのです。

外科手術と同じように術後の感染症も考えられますので、抗生物質や腫れを抑える内服薬も処方されます。

無駄に動かなくて良いようにまとまった休みが取れるように準備をして、処方された薬をきちんと飲むようにしてください。

腫れを長引かせないための適切なアフターケアが重要

脂肪吸引は処置後のアフターケアをどうするかによって体のラインも変わってくるので、アフターケアも含めて脂肪吸引手術の一部と言えるのです。

傷が回復した後は、血の巡りを考えるとある程度は体を動かすことも必要になってきます。

腫れは体が回復するにつれて徐々に引いてきますので、施術直後はあまり焦らないで大丈夫です。

内出血の痕も残っているとは思いますが、傷が回復した後は冷やさないようにしてください。

脂肪吸引に限らず、身体が傷ついたときは、傷が塞がるまでは冷やしたり圧迫をして、傷が塞がった後は温めて血をめぐらせることを意識するといいですね。

そして脂肪吸引をした後はどうしても数ヶ月間は皮膚が硬くなるので、マッサージを適切に行うことによって術後の経過を良くすることが出来ます。

この術後のマッサージもクリニック選びの大きなポイントです。

例えば湘南美容クリニックでは超音波によるマッサージを取り入れていたり、通院することなくメールで担当医に直接相談ができる「メールアフターフォローシステム」を導入しています。

クリニックによって意外とアフターケアには差がありますので、事前にどの様なアフターケアが行われるのか調べておきましょう。

>>湘南美容クリニックのホームページはこちらをクリック<<

脂肪吸引

 - 脂肪吸引, 美容整形