水素水でパーキンソン病予防ができる?

      2017/03/18


パーキンソン病とは、脳の神経細胞に異常が起こり、体にふるえが起こったり、筋肉がこわばったり、身体のバランスをとることが出来なくなるなどの症状が見られる病気です。

他にも便秘や立ちくらみ、鬱ような症状や倦怠感を感じることもあります。

加齢によって発症することが多い病気で、40〜50代から発症する可能性が高くなるようです。

若い人も若年性パーキンソン病になることも!?

パーキンソン病は遺伝、若年性でもなってしまうことがある病気です。

現在パーキンソン病を患っている患者のうち、5%〜10%の人は遺伝による発症だと言われています。

若いから安心というものではないので、パーキンソン病でないかセルフチェックしてみましょう。

パーキンソン病のセルフチェックについて

手や足が震える、歩幅が小さくなった、足が前に出ない、前のめりになる、よく転ぶ、声が思うようにでないなどの症状が出ていたら危険信号です。

診断基準としてはこのような点を踏まえて行うのですが、このような症状が現れる病気は他にも多くあり、パーキンソン病かどうかを100%正確に診断することは難しいようです。

パーキンソン病になってしまったら

初診でパーキンソン病と確定できるのは患者の8割〜9割程度だと言われていて、残りの1割〜2割の人に対しては1〜2年くらい経過観察を行って診断をします。

パーキンソン病と確定できてからは、薬を利用してドーパミン量を調整したり、ドーパミンの代わりとして使える薬を服用して治療を行っていきます。

薬を服用すると同時に、運動訓練のリハビリも行っていきます。
運動能力を維持して、できるだけ自分の力で日常生活を送れるようにすることがリハビリの目的です。

悪化すると寝たきりになってしまいますので、出来るだけ早い段階での治療や予防が必要になります。

水素水を飲んでパーキンソン病を予防しよう

パーキンソン病になってしまうと、日常生活でも普通に生活をすることが困難になります。

症状が出てしまう前に、水素水を使ってきちんと予防を行うことが大切です。

パーキンソン病になってしまう直接の原因はまだはっきりわかっていませんが、活性酸素が神経細胞に悪影響を及ぼしていることはほぼ間違いありません。

そのため直接的にパーキンソン病の治療としてというわけではありませんが、活性酸素の働きを水素水で抑え予防ができると考えられています。

水素水の活性酸素除去の力は医学的にも証明されるようになっていて、パーキンソン病になるリスクを下げるだけではなく、活性酸素が原因のさまざまな病気の予防になりますので、水素水を飲む習慣をつけることをオススメします。

ビューステージチャージプレミアム

 - 水素水, 健康食品