水素水で二日酔いを予防しよう

      2017/03/18


d1d6a3e13d9ed582c352774a145ba0dd_s
楽しい飲み会の翌日の二日酔いは辛いですよね。
頭痛や倦怠感、吐き気などが昼過ぎまで続くことが多く、できるだけ早く治したいと思うでしょう。
しかし本当の理想は二日酔いにならないことです。

二日酔いを予防するにはどうすればいいのでしょうか。

二日酔いの原因とは?

二日酔いの原因は前日のアルコールが残っているからだ、と思っていませんか?

もちろんそれも原因の一つです。
正確にはアルコールを肝臓で分解してできたアセトアルデヒドやアデノシンが残っているため、頭痛や吐き気がするのです。

しかしもう一つ大きな原因があります。
それは脱水症状です。

アルコールを摂取すると利尿作用が働き、摂取した水分量よりも排出される水分量の方が多くなります。
そのため「喉が渇いたのでビールを飲む」というのは実は水分補給にならないのです。

そして意外と知られていないのが低血糖です。
飲み会のシメにラーメンが食べたくなるのは、利尿作用により排出してしまっている塩分の補給と、低血糖のためだと言われています。

二日酔いを予防するには?

当たり前ですが、アルコールの量を適量にすること、一気飲みなど急激にアルコールを摂取するようなことは絶対にしないこと、空腹時の飲酒を避けること、そして水分をしっかり補給することになります。

とは言え、これぐらいのことはみなさんわかっていますよね。
わかっていてその通りできれば二日酔いで困ることなどありません。

そこで今まで言われてきた予防法にもう一つ付け加えるとすると、水素水を飲むということです。

アルコールを飲んだ量が少ない場合は、簡単に肝臓で処理を行うことが出来ます。
しかし、アルコールの量が肝臓で処理できる許容範囲を超えると、肝臓にとても大きな負担がかかり、処理が追い付かなくなってしまうことで全身にアセトアルデヒドなどの毒素が回ります。

そのアセトアルデヒドは活性酸素を大量に発生させることが最近の研究であきらかになりました。
活性酸素は体内の細胞を傷つけてしまうことがあるので、体内から活性酸素を除去してあげなければなりません。

活性酸素の除去を行う際に、とても効率の良い方法が水素水を飲むことです。
水素水を飲むと体内に発生し溜まっている悪玉活性酸素と結びついて排除してくれます。

アルコールを飲んだときに水素水を飲むことで、二日酔いや体の老化を防止することが出来るようになります。
飲み会の最中に水素水を飲むのはなかなか難しいと思いますが、帰宅後寝る前に水分はとるでしょう。

そのときに出来るだけ水素水をたくさん飲むようにしてください。

二日酔いになってしまってからの水素水

二日酔いを解消する場合は、低血糖の回復のことも含めるとスポーツドリンクが効果的だと言われています。

そのため水素水に粉末のスポーツドリンクを溶かして飲むのが理想です。

少し多めに飲んで、脱水症状の回復、低血糖の回復、そして体内に溜まった有害毒素であるアセトアルデヒドを排出を促しましょう。

スポーツドリンクだけでも二日酔いの対処として大変効果的なのですが、水素水の活性酸素除去作用も加えることでより早い回復が見込まれます。

糖質が多くなりすぎることが気になる方は、胃もたれがない場合はしっかりと朝食を食べて、スポーツドリンクではなく水素水だけをたくさん飲むのもオススメです。

ビューステージチャージプレミアム

 - 水素水, 健康食品