筋肥大するには筋肉痛にならないと効果がないの?

      2016/11/21


筋トレと筋肉痛は切っても切れない関係にあり、日常的に筋トレをしている人はこの「筋肉痛」を基準に、その日の筋トレの効果を実感しているくらいです。

ただトレーニングを続けていると筋肉痛にならない日もあったりして、

「あれ?今日は筋肉痛がないからトレーニングが足りなかったのかな?」

なんて不安に思うこともあったりします。

やはり筋肉痛にならないと筋トレの効果はないのでしょうか。

筋肉痛にならないと効果ない?

結論からいうと

筋肉は筋肉痛にならなくても成長します。

筋肉痛のことについては謎な部分も多く、まだ解明されていないこともたくさんあるのですが、マウスを使った実験では、筋肉痛を引き起こすような筋繊維の断裂は、筋肉の成長に必須ではないことがわかっています。

実際アスリートの中には、普段の試合に影響が出ないように筋肉痛にならないようにトレーニングしている人もいて、それでもアスリートたちは十分結果を出しています。

じゃあ筋肉痛にならなくても効果は出てる?

「じゃあ筋肉痛にならなくても何も心配はないや」

と思うかもしれませんが、効果がない事もあるので、楽観的に考えてばかりも問題です。

筋トレの効果がない場合の原因は一つです。

筋トレの内容が不十分、もしくはトレーニング方法が間違いだった時です。

筋トレの内容が不十分であったり、間違えていると効果が出るわけもなく、ダラダラとジムに通ってるだけになってしまいます。

筋トレの内容が十分かどうかはどうやって判断すればいいの?

筋トレをする人のほとんどは、筋力アップや筋肥大を目的として日々トレーニングしていると思うのですが、「筋トレの内容が本当に十分だったか」を判断するにはどうすればいいのでしょうか。

まず筋力アップの場合は、トレーニング毎にキチンと記録をつけていきます。トレーニング記録をつけることで伸びていない部分を把握できたり、「前回よりがんばろう」など自分への喝にもなります。

またトレーニングの内容自体が間違えていると、どんなに丁寧に記録をつけていても記録が伸びることはありません。

「どんなトレーニングをしたらいいかわからない」
「トレーニング記録を自分で付けるのが面倒」

そんな方はパーソナルトレーニングジムであれば、正しい内容でトレーニングができ、記録も専門のトレーナーに管理してもらえます。

スポーツをしている方であれば、試合で最大限の力が発揮できるようなコンディショニングトレーニングのメニューも作成してもらえます。

 - ダイエット, トレーニングジム, 筋トレ