水素水を飲んで歯周病や歯肉炎を治す

      2017/03/18


水素水はダイエットや美容効果で今人気ですが、病気の予防に効果があったり、二日酔いの予防にもなると言われています。
その他にも水素水は歯周病や歯肉炎にも効果があることがわかってきました。

人生を楽しむためには自分の歯で美味しい物を食べられること、元気に歩き回れることが大切ですよね。
いつまでも美味しい物を自分の歯で楽しめるように、水素水を試してみてはいががでしょうか。

ここでは水素水と歯周病の関係について説明します。

歯周病の症状とは?

歯周病は歯の周りの骨が溶けてしまったり歯が抜けてしまう病気で、口の中に広がると元気な歯を維持することが出来なくなってしまいます。

歯周病の症状には、歯ぐきが腫れて来たり、硬い物が食べられなくなったり、歯磨きをするだけで出血をしてしまうなどがあります。

毎日キレイに歯を磨いていて、特に歯ぐきも腫れてない場合、自分では歯周病になっていることに気がつかないことが多いのですが、朝起きた時に口の中にネバネバとした感覚があることや、口臭がキツくなってくると要注意です。

歯周病への治療や対策は、初期の段階での歯の治療・メンテナンスを行うことがとても重要なこととなります。

歯周病は大きく分けると歯肉炎と歯周炎の2種類

歯肉炎は歯ぐき部分が炎症を起こす病気で、歯ぐきが赤くなり、腫れが出てきます。
歯と歯の間の歯ぐきが丸みがあるように膨らんで見えるので、自分でも分かりやすいと思います。

この時点では歯を支えている骨(歯槽骨)には影響がありませんので、丁寧なブラッシングでプラークを取り除けば問題ありません。

歯肉炎が進行して悪化していってしまうと、歯周炎になります。
歯周炎は歯ぐきの腫れがひどくなり、出血や膿が出て口臭もキツくなります。
そして歯槽骨が破壊されて、歯周ポケットが深くなるため歯がグラグラしてくるのが大きな特徴です。

歯周病は若い女の子にも多いってホント?

歯周病はだらしないおじさんがなる病気だと思っていませんか?
実は若い女の子にも歯周病は多いのです。

歯周病になる原因は、細菌の中に女性ホルモンの1種であるエストロゲンを栄養としている細菌がいるからです。
思春期を迎えた女の子は急にエストロゲンが増え、思春期性歯肉炎になる可能性が高まります。

エストロゲンは卵巣の機能を高めるホルモンなので、女性としての成長が進んでいることを表しています。
ただしそれが歯にとっては悪い症状が出てしまう原因となってしまい、若い女の子が歯周病にかかってしまう可能性が高いのです。
思春期の女子が歯周病になって、口臭がキツくなっているなんて可哀想ですよね。

とは言え、若い時は免疫力が高いため歯ぐきが腫れる程度で済んでしまうこともありますし、逆に更年期性の歯肉炎もあるのです。

エストロゲンの急激な減少やカルシウム不足により、骨粗しょう症になったり、免疫力の低下により歯の骨が溶けやすい状態になるのです。
そして歯肉溝にプラークが溜まりやすくなり、歯周病の進行が早まります。

つまり年齢に関わらず歯周病になる可能性は誰にでもあるということですね。

歯周病や歯肉炎の治し方とは?

歯周病や歯肉炎にかかってしまった場合の治し方は、歯医者で治療したり免疫力を上げるメンテナンスを行う必要が出て来ます。
病院によっては薬などで治療を行うこともあり、治療の費用が高くなってしまうこともあります。

歯周病の原因は歯ブラシでキレイに磨けていないことで、歯にプラークが溜まることから始まります。
普段から完璧に歯磨きが出来ていればいいのですが、磨き残しはゼロにするのは難しいものです。

そして歯の周りに細菌が増えていくと、体内の免疫力が働き細菌と戦い始めます。
細菌と戦うことで悪玉活性酸素が大量に発生し、歯ぐきの細胞を傷つけてしまうことも歯周病の原因です。
水素水はその悪玉活性酸素を排除してくれる効果があると言われています。

そのため歯周病や歯肉炎を治すのであれば、原因の元になる悪玉活性酸素を排除してくれる水素水を定期的に飲むか、軽く口をすすいで洗い流すといいでしょう。
ドライマウスなどで口臭が気になる人にもオススメです。

毎日のきちんとした歯磨きやフロスを使ったプラークコントロールによって元気な歯を保てるようになり、いくつになっても元気な歯でいられるようになります。
さらに水素水を使って歯周病の予防が出来れば、美容や健康のためにもなり一石二鳥です。

80歳になったとき、自分の歯を20本残せるようにケアしていってください。

ビューステージチャージプレミアム

 - 水素水, 健康食品