筋肥大やダイエットには効果なし?加圧トレーニングにはどんな効果があるの?

      2016/11/21

一時期は加圧トレーニングブームで、あちこちに加圧トレーニングジムがオープンしていたのですが、最近はあまり加圧トレーニングという言葉自体聞かなくなりました。

インターネットの口コミなどを見ると、

「加圧じゃ筋肥大しない」
「ダイエット効果はない」

など、さまざまな意見があります。

実際筆者もやっていた時期がありますが、加圧トレーニングは今でも不定期で継続しています。

では加圧トレーニングにはどんな効果があるのでしょうか。

加圧じゃ筋肥大しない?ダイエット効果はない?

加圧トレーニングでは筋肥大やダイエットに直接的な効果はありません。

なぜなら筋肥大するにはその分重い重量を扱わないと大きくならないですし、ダイエットであれば相応の有酸素運動をする必要があります。

しかし筋肥大やダイエットに間接的には効果を発揮してくれます。

成長ホルモンの分泌を促してくれる

加圧トレーニングをすると、通常の約300倍の成長ホルモンの分泌を促すことができます。
成長ホルモンは「若返りホルモン」とも呼ばれており、細胞へのアミノ酸の取り込みを促進してくれます。ですので代謝を良くしたり、骨を丈夫にしたりとアンチエイジング効果がとてつもないのです。

しかし成長ホルモンは20歳が100とすると、30歳で80、40歳で60と、加齢するごとに減っていってしまいます。通常の運動や筋トレでも成長ホルモンは分泌されるのですが、加圧トレーニングをするとその何倍もの成長ホルモンが期待できるのです。

普段使われていない毛細血管にも血液を巡らすことが出来る

人間の血管の総延長は約9万kmといわれているのですが、その中の多くの毛細血管は使われずに眠っています。

しかし加圧トレーニングをすることで、普段使われていない毛細血管にも血液が流れるようになります。

毛細血管の数が増えると血液の循環が良くなるので、栄養が全身に行き渡りやすくなるだけでなく、老廃物を体外へ押し出す力も強まってくるのです。

低負荷のトレーニングでも効果が出る

加圧トレーニングは低負荷で出来るため、怪我の心配のある高齢の方でも安全に行えます。

また怪我のリハビリ中で強度の高い運動は厳しいけど、このままだと筋力が落ちてしまうという時にもできますし、実際加圧トレーニングによって怪我の回復が早まったというデータもあります。

加圧トレーニング+筋トレ?

加圧トレーニングが「直接的に」筋肥大などに効果がなくても「間接的に」効果があることはお分かりいただけたかと思います。

では加圧トレーニングの効果を最大限に活かすトレーニングをお教えします。

それは「加圧トレーニングの後に負荷の高い筋トレをする」です。

この方法は加圧トレーニングの上級者はすでに行っているトレーニング方法なのですが、おそらく加圧トレーニングをやっている方で筋肥大している方はこのトレーニング方法だと思います。

というのも加圧トレーニングだけでは筋肥大しません。しかし加圧トレーニングは成長ホルモンを通常の約300倍分泌させることが出来るので、この成長ホルモンを活かすのです。

成長ホルモンは加圧トレーニングが終わってからすぐに分泌され、加圧トレーニングが終わって15分後がピークに達します。

ということは、この時間帯に負荷の高い筋トレをすれば、成長ホルモンの恩恵を最大限に活かすことができます。

プロテインのゴールデンタイムが「筋トレ後30分以内」であるように、筋トレのゴールデンタイムは「加圧トレーニング後15分以内」なのです。

 - ダイエット, 筋トレ