根こそぎとれるVASER脂肪吸引とは

      2016/06/23


現在、脂肪吸引の施術法の主流はSound Surgical Technologies社が開発したVASER(Vibration Amplification of Sound Energy at Resonance)です。
脂肪吸引に興味がある人なら名前はもう何度も目にしていると思います。

VASERがなぜここまで人気が出たのか、デメリットはないのかなど詳しく解説していきます。

根こそぎとれるVASER脂肪吸引をざっくりいうと?

VASER波という特殊な超音波によって脂肪組織だけを溶かして吸引します。
脂肪組織だけに影響がある超音波なので血管や神経に傷をつけません。

さらに、通常の脂肪吸引は刃のついたカニューレで脂肪を削り取りながら吸引するのですが、VASERは脂肪組織が乳化されドロドロになっていますので、そのまま吸引できるのです。

傷が付かないことはダウンタイムが大幅に短くなるメリット以外にもう一つ大きなメリットがあります。

それは繊維組織がしっかりと残ったまま脂肪だけを吸引できますので、皮膚のたるみが残らず引き締まるのです。

しかもVASER波は他の方法では取り除けなかった硬い脂肪も溶かすことができるので、まさに根こそぎ取れる脂肪吸引法と言えます。

VASER脂肪吸引は誰でも機材さえあれば施術が出来るわけではなく、トレーニングを修了してライセンスを受けたドクターしか施術が出来ないようになっているのです。

根こそぎ脂肪除去できる機材は非常に強力なため、経験の浅いドクターの場合判断ミスで必要な脂肪まで除去してしまう可能性があります。
そのような事故を防ぐため、安全面には徹底して管理をしているのです。

このように良いことずくめのVASER脂肪吸引が人気が出るのは当然だと言えます。

本当にVASER脂肪吸引はそんなにいいの?

VASER脂肪吸引について調べれば調べるほど、メリットばかり強調する内容が出てきて、逆にそんなにいいものなのか疑いたくなりますよね。

そこで実際にVASER脂肪吸引を受けた人で、デメリットを訴えている人がいないか調べてみました。

ダウンタイムが短くない!

VASERはダウンタイムが短いのがウリのはずなのに、ダウンタイムが短くないと言っている人がいました。
1日休めば完全に日常生活に戻れると思っていたようです。
実際は3〜4日はがっちり圧迫固定できるように休みが取れるといいでしょう。

いろんな種類の脂肪吸引を受けて比較することは難しいですけど、VASER脂肪吸引は他の脂肪吸引と比べてダウンタイムが短いのは事実です。

1週間ほど経つとお風呂にも入れるようになりますし、痛みも個人差はありますが、少しずつ普通には生活できるようになります。

VASER脂肪吸引を受けた後のマッサージが痛いという体験談もありました。
VASERに関わらず脂肪吸引をした後2週間ほど経過すれば、皮膚の拘縮をほぐすためにマッサージをしたほうがいいのですが、痛みを我慢するほどの強いマッサージをする必要はありません。

思ったより細くならなかった!

VASERは90%ほどの脂肪を除去することができます。
他の施術では取り除けない硬い脂肪組織も溶かして吸い出すことができますので、思ったより細くならなかったというのはなぜなのでしょうか。

理由は実際に見てみないとわかりませんが、男性の場合内臓脂肪が多く取り除けなかったということがまず考えられます。

次にあり得るのが、皮膚のたるみです。
VASERは繊維組織を残すため、他の脂肪吸引よりは皮膚のたるみが少ないのですが、お尻の下やひざ上の場合はたるみが残りやすいのは事実です。
湘南美容クリニックではそのような可能性がある場合はサーミRFというたるみ治療を併用することも可能です。

最後に考えられることは、そこまで取り除かない方がいい場合です。
おそらくカウンセリングでうまく要望のすり合わせが出来ていなかったのではないでしょうか。

ドクターとしては何でもかんでもただ除去すればいいという考えはしません。
その人にとって健康的に美しいスタイルを提案します。

しかしもちろん本人の希望を無視することはありえません。
そのため遠慮無く要望を伝えて、ドクターの意見も聞いて納得した上で脂肪吸引を受けるようにしてください。

VASERで吸引した脂肪を注入するのはよくないらしいと聞いた!

これは相当脂肪吸引に詳しい方かもしれません。

VASERで吸引した脂肪は豊胸などのために注入するのに適しているという意見と、適していないという意見があるのは事実です。

適しているという意見は、脂肪の幹細胞が保存されるので定着しやすいというものです。

適していないという意見は現時点ではっきりとしたエビデンスがあるわけではないのですが、研究段階では超音波で脂肪を溶解すると脂肪細胞がダメージを受けるため、注入後の定着率が下がる可能性があるというものです。

この点についてはおそらく研究が進めばどちらが正しいのかはっきりするでしょうが、吸引だけに限って言えば何も問題はありません。

結論

VASER脂肪吸引は今のところ他の施術と比べてはっきりとしたデメリットはありません。

もちろん新しい技術も少しずつ開発されてきていますので、いつまでも最高の座にあるかはわかりませんが、料金も手の届く価格になってきていますので、現時点では脂肪吸引をするならVASERがオススメになります。

湘南美容クリニックはVASER認定医がたくさん

「どうせ脂肪吸引を受けるならVASERで」と思っても、全国どこでも受けられるわけではありません。

認定医がいるクリニックでしか受けられないからです。

その点で湘南美容クリニックはVASER認定医がたくさんいるため、お近くのクリニックで受けられる可能性が高いです。

一度湘南美容クリニックのホームページで確認をしてみてください。

>>湘南美容クリニックのホームページはこちらをクリック<<

脂肪吸引

 - 脂肪吸引, 美容整形