S.S.C脱毛とIPL脱毛の違いとは?

      2016/07/04

bikini
脱毛エステサロンの脱毛方式には大きく分けてS.S.C方式とIPL方式の二つがあります。

この二つはどういった仕組みで脱毛をするのでしょうか。

S.S.C方式とは?

S.S.C方式とはイタリアのDEKA社が開発した新しい脱毛の方式です。

フィリニーブが入ったビーンズジェルにクリプトンライトを照射し、制毛成分が毛穴の奥まで浸透することで、低刺激で痛みが少なく、脱毛効果に加えて美肌効果を得られるのが特徴。

DEKA社は皮膚科・形成外科をはじめ、耳鼻科、婦人科、歯科で利用する医療レーザーや美容用のレーザー装置を開発している会社で、S.S.Cの安全性は医師(日本医科大学 川名誠司氏 他)が検証しています。

フィリニーブ(PILINHIB)とは?

フィリニーブとは抑毛効果がある植物由来の成分を濃縮したものです。

フィリニーブの成分
加水分解ダイズタンパク、PEG-40水添ヒマシ油、オトギリソウエキス、アルニカ花エキス、ハマメリスエキス、尿素、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス 、サリチル酸
フィリニーブの効果を検証した論文
http://www.bsibusiness.com/uploads/product_ls/pdf/91_pdf.pdf

フィリニーブの脱毛の効果は間違いないのですが、肌の上から塗るだけでは効果を最大限に活かすことができません。

どうすれば毛穴の奥にフィリニーブの成分を浸透させるかが難問だったのですが、それを解決したのがトレジャービーンズです。

フィリニーブをトレジャービーンズの中に閉じ込めておき、ジェルに混ぜて毛穴に塗る。

そしてクリプトンライトを照射することで、トレジャービーンズが割れてフィリニーブが溶け出す。

毛穴の奥にフィリニーブの成分が浸透する。

クリプトンライトとは?

クリプトンとは原子番号36番の元素(元素記号はKr)で、いわゆる希ガスの一つです。
他にライトに使われるものとしては、ヘリウム、ネオン、アルゴン、キセノンなどがあります。

詳しい人であれば、光脱毛にはキセノンフラッシュを使うのでは?と思いますよね。

しかしS.S.C脱毛ではクリプトンライトを使うのです。

理由はクリプトンはキセノンより軽く、少ないエネルギーで光を照射できるため、安全な上に安定してトレジャービーンズに作用することができるのだとか。

通常の光脱毛よりなぜ痛みが少ないのかという理由がここにあったのですね。

S.S.C方式はとにかく安全

数年前にある脱毛エステサロンが違法な施術をして、お客さんを何人もヤケドさせたことで逮捕されました。

エステサロンは医療機関ではないので、ヤケドをする可能性がある強い光を使ってはいけないのですが、効果を高めようとして光の強さを強くしたようです。

しかしS.S.C方式は元々エステサロンで使うことを前提に開発されていることもあり、医療機関でなくても使ってもいいと認められている技術になります。

IPL脱毛と脱毛の効果に差はありませんので、痛みに弱い方やとにかく安全第一の方はS.S.C方式のエステサロンがオススメです。

S.S.C方式の脱毛ができるエステサロン

ミュゼプラチナム

脱毛サロン ミュゼプラチナム
↓↓公式ページはこちらをクリック↓↓
100円

関連記事『お試しキャンペーンで脱毛するならミュゼプラチナムがオススメ

脱毛ラボ

S.S.C方式で痛くない脱毛を!【選べる部分脱毛12箇所】脱毛ラボはこちらをクリック
※キャンペーン

IPL脱毛とは?

IPLとはIntense Plused Lightの略で、光を当てることで毛根を弱らせる脱毛方式です。

ムダ毛に含まれるメラニン色素に反応する脱毛方式としては、医療レーザー脱毛がありますが、波長や出力が違います。

医療レーザー脱毛と比べると出力が弱い分、完全に毛母細胞を破壊して永久脱毛ができるというわけではなく、お手入れに通う回数が多くなってしまうのが弱点ですが、痛みが少なく料金が安いのが特徴です。

IPLはフェイシャルケアにも使われる技術

IPLは脱毛のために使われる他に、シミ、そばかす、くすみ、ニキビ、赤ら顔といった肌のケアのためにも使われる技術です。

老化した皮膚組織の再構築が見込めたり、メラニン色素に反応する特徴から、紫外線、乾燥によってくすんだ皮膚からメラニン色素の排出を促進します。

さらにIPLを照射した後の肌は美容成分を受け入れやすい状態になっているので、その後にビタミンCやプラセンタエキスなどを染みこませるのがオススメ。

IPL脱毛を行っているほとんどのサロンでは、その特徴から美肌のサポートもしてくれます。

結局S.S.C脱毛とIPL脱毛はどっちがいいの?

S.S.C脱毛とIPL脱毛とはどっちがいいかですが、まず脱毛の効果としては差はありません。

そのためほとんどの人が方式の違いより、キャンペーンの安さや通いやすさなどを基準にエステサロンは選んでいるようです。

脱毛エステのエステティシャンの人ですごく詳しい人から聞いた脱毛テクニックとしては、部位によって医療レーザー、S.S.C脱毛、IPL脱毛、針脱毛(電気脱毛)を使い分けるのが一番いいらしいです。

例えばワキだけは完全に永久脱毛をしたいので、医療レーザーで。

痛みを感じやすいVIOはS.S.C脱毛で、その他はIPL脱毛。

そしてどうしても脱毛しきれない部分を針脱毛で処理するとのこと。

そこまで完璧に使い分けるかどうかは人によるとは思いますが、脱毛の方式はどれが一番いいというものではなく、部位によって使い分けるのがオススメです。

IPL方式の脱毛ができるエステサロン

銀座カラー

\業界初☆1年間のスピード脱毛/【銀座カラー】2ヶ月目も0円♪

銀座カラー 脱毛キャンペーン

TBC

行きたい時に今生えているムダ毛を全部処理♪しかもつるスベ!TBCで脱毛体験
両ワキ脱毛

 - 脱毛, 脱毛サロン, 脱毛Q&A