生理中でも下の毛は脱毛できるの?

      2016/07/04


脱毛を行うにあたって女性が一番気になるのは、生理中の脱毛方法です。
予約をしていた時にちょうど生理が来ていたら、どうすればいいのでしょうか?

生理中は一切脱毛できないところもある?

生理中はVIOライン周辺や、お尻の脱毛が出来ないようになっていて、生理中にこれらの部位を脱毛出来るサロンはありません。

脱毛サロンによっては、生理中にVIO以外であっても脱毛できないところもあります。
生理中だけではなく、生理の前後3日間は施術不可のサロンもあります。

生理中に一切、脱毛施術が出来ないところでは、予約を取っていて当日に生理がきてしまった場合でも施術を受けることが出来ないのです。

この場合はサロン側からお断りをされ、1回分の消費となってしまい回数コースを選択している人は、回数が無駄になってしまいます。
そのうえ、キャンセル扱いとされてしまいキャンセル料を支払わなければならないはめになってしまうことも。

逆に生理中であれば予約が無駄にならないように、VIO以外の脱毛部位を施術してくれるサロンもあります。

生理中に脱毛施術を断るサロンの理由

なぜ生理になってしまうとVIO以外の部位であっても脱毛を断るサロンがあるのでしょうか?

生理中はホルモンバランスが乱れやすくなってしまうため、脱毛施術を行うのには適していないと考えられています。
通常の場合よりも肌が敏感になってしまうので、痛みを感じやすくなったり、肌トラブルになりやすくなってしまうリスクが高くなるからです。

その他にも生理中に施術を行うベッドに寝た場合、血がついてしまうことで病気などの感染症を防いでいるとも考えられます。
生理中というだけで脱毛施術を断られてしまうのは、施術を受ける側からすれば何で他の部位でも脱毛できないの?と思うかもしれません。
しかし、衛生的な面でお断りをしているのであれば、通いやすくて安心できるサロンになるのでとてもいいことだと思います。

万が一の事態があるとサロン側にとっては悪い噂が広がって大打撃を受けますし、もちろんお客さんの身体のためでもあるのです。

以上のような理由から万全を期したいということから、ちゃんとしたサロンでは生理中の脱毛は受けることはできません。

料金の問題に関してはちゃんとキャンセル料や回数の消費のシステムがサロン毎に異なりますので、しっかり事前に確認しておきましょう。

例えばTBCの場合、前日の17時までにキャンセルの連絡すればキャンセル料がかかりませんので、とても良心的と言えるでしょう。
もちろんそれを越えると3000円のキャンセル料が発生しますので、当日のドタキャンは自分のためにも他のお客さんのためにも気をつけてください。

ちなみにキャンセルではなく、遅刻した場合のペナルティもサロンによって様々です。

脱毛の予定は計画的にして、無駄なく安全に通ってくださいね。

行きたい時に今生えているムダ毛を全部処理♪しかもつるスベ!TBCで脱毛体験
両ワキ脱毛

 - 脱毛, 脱毛Q&A