大人ニキビができる原因は?

      2017/03/18

ニキビができる原因は、肌の代謝が悪くなるとターンオーバーが遅くなり古い角質が毛穴を塞ぎます。
これに皮脂などの汚れも重なり毛穴が詰まった状態になります。
すると毛穴を塞ぐ角質や皮脂のせいでアクネ菌が繁殖し、結果大人ニキビになってしまうのです。

思春期のニキビは額や頬にできやすく、これは過剰に分泌された皮脂が原因でニキビになります。
なかなか治らないのは、1回できてしまったニキビのせいで、前髪で隠そうとしたり手で触ってしまったりすることで治らないのです。ですので洗顔をして清潔にしておけば比較的簡単に治ります。

しかし大人ニキビは日常生活が原因でなることが多く、ストレスや睡眠不足などによって起こるホルモンバランスの乱れが原因になります。

ビューステージチャージプレミアム

ホルモンバランスの乱れはなぜ起こるのか

睡眠不足

睡眠中には成長ホルモンなど様々なホルモンが分泌されています。仕事が忙しかったり遊びを優先したりしていると睡眠不足を招いてしまいます。
また睡眠は寝溜めして貯金することができないので、毎日適切な睡眠時間を確保する必要があるのです。

ストレス

現代でストレスを完全に排除するのは難しいですが、なるべく毎日を楽しく過ごし、リラックスしたり発散する時間を作ることが大切です。
没頭できる趣味やテンションの上がる話題を見つける、アロマや半身浴など、心が落ちつく時間を作ったりして上手にストレスを発散させましょう。

食生活の乱れ

社会人の一人暮らしはファストフードや牛丼、コンビニ弁当などで毎日を凌ぐことが多いと思いますが、こういったものもホルモンバランスの乱れに繋がります。
毎日全部の栄養を考えて食事するのは難しいですから、「なるべく」栄養を意識したりして自炊をするようにしてみましょう。それに自炊の方が安上がりです(笑)

運動不足

これも仕事をしているとおろそかになりがちですが、エレベーターを使わず階段を使ったり、休憩時間に軽く腕を伸ばしてみたり、手軽にできる運動をするだけでも十分効果があります。
こういった簡単な運動でも自律神経を活性化させ、乱れたホルモンバランスを整える作用があります。
有酸素運動などでたくさんの汗をかけば、余計な毒素が汗で排出され、毛穴の詰まりも解消されます。

コンビニ弁当には添加物がいっぱい

現代では食習慣が乱れているので、ファストフードやコンビニ弁当などはカロリーが高い上に余計な添加物がたくさん入っています。

ファストフードやコンビニ弁当を買って変な臭いや変な味がしてしまっては大変なニュースですので、コンビニのお弁当やおにぎりには腐らないように大量の添加物が使用されているのです。

そしてその大量の添加物は身体にとっては毒ですので、身体の中ではこれらに対抗するためにたくさんの活性酸素を発生させます。活性酸素は皮脂を酸化させ、硬くネバネバした皮脂になってしまうので、毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。

また肌は体の中の毒素を出す排泄器官でもあるので、活性酸素を除去する際に体内のガスを毛穴を通して出そうとするため、それがまたニキビの原因になってしまいます。

ケイ素で身体をデトックスしよう

大人ニキビを治すには根本からの解決が必要です。
原因となる生活習慣を改善していかないと、一時的には治ってもまたすぐに大人ニキビができてしまうからです。

またそれ以外にも最近では「たくさん栄養を摂取する」ことよりも「余計なものを摂らない」ことの方が重要になってきています。

ケイ素は人体を構成する必須栄養素です。偏った食生活でケイ素等の栄養素が不足し、ストレスや睡眠が足りないことによって、体内で活性酸素が増えるとその影響でニキビの炎症が繰り返されます。活性酸素は細胞を老化させるので、肌はもちろん髪の毛や全身に影響します。

ケイ素には免疫力を強化し、炎症を起こしているニキビを沈静化させ、体内にたまった毒素や老廃物を体外へ排出する細胞の助けをします。

また炎症の原因にもなっている活性酸素を除去するデトックス効果があるため、大人ニキビに効果が期待できます。

↓↓オススメの水溶性ケイ素サプリメントはこちら↓↓
ウモ・ウモグリーン

 - ケイ素(シリカ)