糖尿病になるとなぜ頻尿になるの?

   

糖尿病になると頻尿になってしまう理由としては、まず糖尿病になると血糖値が慢性的に高くなるので、体は水分と一緒にブドウ糖を尿として出して血糖値を下げようとします。

そのためにすぐに喉が渇いてしまい、水分をたくさん摂るようになり、多尿となってトイレの回数が増えてしまうのです。

普通は膀胱にある程度尿がたまらないと、脳から指令が出ないため尿意を感じないのですが、糖尿病で高血糖の状態が長く続くと神経障害が起きるため、排尿トラブルに悩まされやすくなります。

一般的な頻尿の定義は、1日8回以上おしっこに行くと頻尿とされていますので、気になる方は1日何回くらいトイレに行くか数えてみましょう。

頻尿になると仕事や遊びに集中することが出来なくなりますし、夜間もぐっすり眠れないため生活のクオリティが著しく低下します。

頻尿になったり排尿に時間がかかったり、こういった排尿トラブルを根本的に解決するためには、糖尿病を改善するしかありません。

糖尿病の進行を抑え回復への手助けをしてくれるものとして、水溶性ケイ素に注目が集まっています。

水溶性ケイ素には血糖値を改善したり肝臓の機能を良くするなどの効果があるので、排尿トラブルにお悩みの方は試してみるとよいでしょう。

↓↓オススメの水溶性ケイ素サプリメントはこちら↓↓
ウモ・ウモグリーン

 - ケイ素(シリカ), 生活習慣病