ケイ素は飲んでも安全なの?

   

水溶性ケイ素が美容や健康に良いといわれていていますが、人体に何らかの影響はないのでしょうか。

ケイ素は地球上で酸素についで2番目に多い元素で、自然界では土や岩などに含まれています。

それに整形手術などでよく使うシリコンやコンピュータで使われる半導体もケイ素で出来ていますので、なんとなく口から入れることに不安を感じる人もいるかもしれません。

しかしケイ素は人間の身体にも含まれている成分で、皮膚や骨、皮膚、血管、爪など身体中のあらゆるところに存在していて、不足してしまうと骨や爪が脆くなってしまいます。

体内ではケイ素を形成できないため、外部から摂取しなければならず、ケイ素は厚生労働省の「人の健康を損なう恐れのない物質」にも含まれているのです。

肌の弾力を保つ成分であるエラスチンや、潤いを保つための成分であるヒアルロン酸を構成してコラーゲンを作り出したり、身体の余分なものを排出してくれるデトックス効果があります。

また新陳代謝を活発にしてくれるため、アンチエイジングの効果も期待されています。

水溶性ケイ素はいくらでも飲んでも問題がない?

水溶性ケイ素は副作用もなく安全なものなのですが、あまり飲み過ぎるとお腹を壊してしまうことがあるので飲み過ぎには注意が必要です。

これはケイ素独自の副作用というよりは、ケイ素水を飲み過ぎたことによる「水分の過剰摂取」による副作用だといわれています。

また水分の摂取のし過ぎでむくみが出てしまう人もいます。

そのため胃腸が弱い方や元々むくみやすいという人は、一度に大量に摂取するのは避けるようにしましょう。

このことは水溶性ケイ素だけの話ではなく、他の健康食品などにも言えることですが、副作用がなく安全なものでも過剰に摂取すると身体に悪影響があるのは当然ですよね。

↓↓オススメの水溶性ケイ素サプリメントはこちら↓↓
ウモ・ウモグリーン

 - ケイ素(シリカ)