生活習慣病とは

   

生活習慣病とは、食事の偏りや運動不足、過度のストレス、飲酒や喫煙といった普段の生活習慣が原因となって、その発症や進行を促すという特徴のある病気を総称したものです。

生活習慣病の具体例としては、高血圧、高脂血症、糖尿病などが代表的なものとなっています。

これらの生活習慣病にかかると動脈硬化が進行してしまいます。

動脈硬化は血液を人体のさまざまな臓器に送り出している血管の壁にコレステロールなどが付着し、弾力性を失ってしまうとともに、血液の健康な流れが妨げられるようになることです。

この生活習慣病に由来する動脈硬化の恐ろしいところは、本人の自覚症状がほとんどなく、放置したままにしておくと血管が塞がってしまい、突然脳梗塞や心筋梗塞を引き起こし、最悪のケースでは死に至ることもあるのです。

自覚症状がない以上は、定期的な健康診断を受けることによって、血糖値やコレステロール値などをしっかりと把握し、生活習慣病の恐れがないかどうかを日々チェックすることが大切です。

生活習慣病は気がつくのが早ければ早いほど回復も早くなります。

しかし、生活習慣病は本人にとっては当たり前の生活をしているだけでなるものなので、病気を治すという意識になるのが非常に難しいのです。

短期的に薬を飲んだり、運動をしたり、よく寝て身体を休めれば治るわけではありません。

そこでポイントとなるのは辛くならずに、毎日続けられる方法を見つけることです。

水溶性ケイ素が生活習慣病患者に人気があるのは、毎日の生活をガラリと変えることなく続けられるからだと言われています。

↓↓オススメの水溶性ケイ素サプリメントはこちら↓↓
ウモ・ウモグリーン

 - ケイ素(シリカ), 生活習慣病