更年期うつとは

   

更年期うつとは、更年期(45歳~55歳頃)の時期に発症する鬱病です。

女性が閉経を迎える頃、卵巣の機能が低下して女性ホルモンの分泌が減少すると、ホルモンバランスの乱れから更年期障害を発症することがあります。

更年期障害には、ほてりや頭痛、不安感など身体に様々な症状が出てくることになりますが、この時にうつ病になってしまうこともあり、これを更年期うつと呼びます。

更年期障害との違いのはっきりとした定義はなく、こうした精神の不調や鬱などは更年期障害にも見られるため、更年期障害によるものなのか、更年期うつによるものなのかは判断がつきにくいのが現状です。

また通常の鬱との違いは発症時期になります。
症状としては同じですが、更年期の時期に発症したものが更年期うつといわれています。

更年期うつを発症しやすい人はこんな人

・真面目
・完璧主義
・責任感が強い
・ネガティブになりやすい
・夫婦間や家族間で問題を抱えている
・子供が独り立ち(結婚)した
・老後に希望が持てない

更年期うつのきっかけになりやすいのは「喪失感」が多いです。

例えば結婚してから更年期となるまで、家事や育児に一生懸命尽くしてきたけれども、子どもが独立して家の中が寂しくなると、「喪失感」が生まれてしまいます。

そうした「空の巣症候群」が更年期うつを引き起こすのです。

また更年期うつは女性だけのものと思われがちですが、最近は男性も更年期うつになることがわかってきています。

症状には個人差があり、放っておいても治ってしまう人もいれば、症状が長く続く人もいます。

更年期うつになってしまったらどうしたらいいの?

更年期うつとなってしまった場合には、いくつかの治療法があります。
更年期の原因であるホルモンバランスの乱れが原因の場合には、ホルモン療法や漢方療法が行われます。

精神的な「喪失感」が原因の場合には、その不安を取り除くために抗不安薬など、いわゆる抗うつ薬で治療をしていきます。

ただし抗うつ薬の場合には副作用のリスクもありますから、新たな問題となる可能性もあるので、カウンセリングなどの心理療法や、思考をネガティブなものからポジティブなものへと改善する認知行動療法を行う場合もあります。

こういった判断は自分で判断してしまうのが一番危険ですので、気になる方は更年期外来のある病院や婦人科、心療内科を受診しましょう。

更年期うつにならないようにするために、日頃からホルモンバランスを整えるようにしたいですよね。

↓↓オススメの水溶性ケイ素サプリメントはこちら↓↓
ウモ・ウモグリーン

 - ケイ素(シリカ)