虚血性心疾患症状とは

   

虚血性心疾患症状とは、冠状動脈硬化症ともいわれている病気で、心臓に充分な血液が行き渡らない状態に陥ることです。

血液が足りなくなった心臓では胸が苦しくなって締め付けられる、激しい痛みを感じるなどの症状が起こり、全身の血圧が下がってしまいます。
結果的に狭心症や心筋梗塞を引き起こしてしまいます。

虚血性心疾患症状に陥る大きな原因は動脈硬化で、血管の壁に脂肪などが固まってこびりつき、血管の内側が狭くなり血液の流れが阻害されます。

すると心臓を流れる血液量も減ってしまい、心筋梗塞や狭心症を引き起こしてしまうのです。

症状が重篤化すると命の危険を伴う症状であるため、予防や改善に努めることが重要です。

虚血性心疾患症状セルフチェック

□高血圧
□高脂血症
□喫煙
□ストレス
□肥満
□糖尿病
□高尿酸血症

上記のうち1つ当てはまれば健常者の2倍、3つ当てはまれば5倍、5つ以上当てはまっている場合はなんと10倍も心筋梗塞が発生する確率が高いという危険な状態になります。

虚血性心疾患症状の症状

冠状動脈が硬くなりはじめている初期段階では自覚症状はありません。
比較的早い段階で出る症状としては、軽い運動でも胸が締め付けられるような感じがしたり息切れを起こすのが早くなります。

症状が進行してくると、急に運動をしたり緊張状態にあると発作が起こることがあります。
そしてこの発作が頻繁に起こったり、発作の間隔が徐々に縮まっていくようだと心筋梗塞を発症してしまう恐れがあるのです。

虚血性心疾患症状の予防法

虚血性心疾患症状を予防するには、まずは血圧をコントロールすることが大事です。

高い血圧は心臓に負荷をかけているのでとても危険です。

健康のために運動をするのは大切なのですが、急な運動は負担が大きいので最初は散歩程度から始めるぐらいにしてください。

食生活ではコレステロールを減らし、高脂血症や糖尿病を予防することが予防につながります。

肉などの動物性脂肪を減らし、青魚や野菜をたくさんとるようにしましょう。

健康食品でオススメは水溶性ケイ素です。

また定期的に健康診断を受けて自分の身体の状態をきちんと把握することで、健康維持のモチベーションを保つことができます。

思いついたときだけ健康に気を使っても何も意味もありません。

生活習慣を劇的に変化させることは難しいですが、「要は慣れだ」というぐらいの気持ちで徐々に改善していくといいでしょう。

↓↓オススメの水溶性ケイ素サプリメントはこちら↓↓
ウモ・ウモグリーン

 - ケイ素(シリカ)