ボディメイクに有酸素運動は必要なの?

      2016/11/21


「筋肉を出来る限り減らさずに脂肪を減らしたい」

ボディメイクをしている人の大半がこう思っているのですが、カッコイイ身体を作るにあたって筋トレ以外に有酸素運動をする必要はあるのでしょうか。

これはさまざまな場所で議論がされていますが、

答えは「ボディメイクをする上では特別必要ありません」
なぜなら筋肉量を増やせば勝手に脂肪は燃えてくれるからです。

ただこれは「ボディデザインをするだけが目的」の場合です。
ボディビルダーのトレーニングを見ていると、筋トレで扱うウェイトは常人では考えられないような重量を扱っていますが、有酸素運動をしているビルダーはかなり少ないです。

それはやはり有酸素運動をすることで筋肉を削ってしまっているからです。

なんで有酸素運動で筋肉が削られちゃうの?

筋肉は白い色をした「速筋」と赤い色をした「遅筋」に分かれています。主に速筋は瞬発的な動きするときに、遅筋は持久血から的な動きをするときに使われます。

ウェイトトレーニングなどで発達させることができるのが速筋で、マラソンなどの運動で発達させることができるのが遅筋なのですが、有酸素運動などの持久的な運動をやり過ぎると筋肉が遅筋化してしまうのです。

筋肉の中で遅筋の割合が増えると、筋肥大をさせるのに非常に不利になってしまいます。マラソンランナーのような細い身体でもいいからとにかく細くしたいという方には適していますが、そうでない方はあまりやり過ぎるとどんどん身体が細くなってしまいます。

また有酸素運動をやり過ぎると「コルチゾル」というホルモンが分泌されることもわかっており、このコルチゾルは筋肉を燃やしてエネルギーを作り出す作用があり、せっかく付けた筋肉を削ってしまうのです。

こういった理由で、ボディビルダーはほとんど有酸素運動をしていないのです。

どういう人に有酸素運動が必要なの?

ではどういう人に有酸素運動が必要になるのでしょうか。

筋肉が付いてきたと思ったら急にスタミナがなくなった人

筋肉量が増えるとそれに反比例するようにスタミナが落ちてきます。

これは筋肉量が増えた人あるあるですが、今までは普通に昇っていた階段がいつの間にかちょっと階段を歩いただけでゼエゼエしてしまうようになります。

今までの貧弱な身体を軽自動車だとすると、筋肉量が増えた状態を四駆に例えるとわかりやすいです。
筋肉量が増えるということは馬力が上がるので、身体を動かすのにそれだけパワーが必要になるので、スタミナが減少した気がするのです。

スポーツをする上で持久力やスタミナも必要な人

上にも書いたように、筋肉を付けると持久力は確実に落ちます。
ですが、格闘技やラグビーなど、パワーだけでなくスタミナも必要な人は有酸素運動も積極的に行います。

また彼らのようなスポーツ選手は、持久力的な意味合い以外にも足腰を鍛えるためであったり、単調な有酸素運動だけでなく、20秒ダッシュして10秒休憩を繰り返して心肺機能を高めたりなど、さまざまな意味合いのトレーニングをしています。

要するに自分が「どんな身体になりたいか」が大事

有酸素運動を行った方がいいかについては「ボディメイクをする上では特別必要ありません」

しかしそれはあくまでボディデザインが目的の場合であって、自分がどんな身体になりたいかで必要度も変わってきます。

まずはボディデザインだけするなら有酸素運動を取り入れないで、有酸素運動で使えるパワーを全て筋トレに使ってみてもいいですし、筋肉が付いてきた頃に階段でゼエゼエいうようになってきたら、そこで初めて有酸素運動を取り入れてみてもいいと思います。

 - トレーニングジム