妊婦糖尿病と普通の糖尿病って何が違うの?

   

妊婦糖尿病とは妊娠するまで糖尿病ではなかった方が、妊娠したことがきっかけで発症する糖代謝異常です。

普通の糖尿病との違いは糖尿病になる時期の違いで、妊娠前から糖尿病だった方などは含まれません。

糖尿病は生活習慣病ともいわれるように、生活習慣の乱れから発症する場合もあれば遺伝によるものもあります。

ただ妊婦糖尿病は妊娠によるホルモンバランスの乱れからくるもので、バランスの良い食事を摂っていたとしても発症してしまう事がある糖代謝異常です。

こんな方は妊娠糖尿病に要注意!

・糖尿病の家族がいる
・肥満
・妊娠してから急に体重が増えた
・高齢出産

妊娠前まで全く症状のなかった約10%の方が発症するといわれており、症状が軽ければ出産後に正常に戻る方もいますし、出産後も高血糖が続き糖尿病へと進行してしまう場合もあるので要注意です。

通常食べたものが消化の過程でブドウ糖に変わって血液中に入り、インスリンの働きにより血液中のブドウ糖を身体に取り入れエネルギーに変換されるわけですが、妊娠中はホルモンバランスの乱れからインスリンを壊す物質が作られ、インスリンの働きが悪くなり、血液中の糖が分解されにくくなり血糖値が上昇してしまいます。

妊婦糖尿病は母体や赤ちゃんへの影響はあるの?

母体への影響

妊娠高血圧症候群、羊水過多、難産、帝王切開

赤ちゃんへの影響

流産、巨大児、発育不全、先天奇形

妊婦糖尿病の治療方法は?

治療方法としては食事療法と運動療法があります。

食事療法

・糖分が少なく栄養バランスのよい食事を心がける
・カロリー過多にならないように注意する
・水溶性ケイ素を摂取する

食事療法では糖分やカロリーを制限することで血糖値の上昇を抑えます。

運動療法

・食後に30分ほどウォーキングをする
・マタニティヨガ、マタニティビクス、マタニティスイミング

運動療法については妊娠中ということも踏まえて激しい運動は避けるようにします。

最近ではマタニティヨガなどの、妊娠中でも出来る運動があるので、積極的に取り入れましょう。

↓↓オススメの水溶性ケイ素サプリメントはこちら↓↓
ウモ・ウモグリーン

 - ケイ素(シリカ)