ミトコンドリアはどんな働きをするの

   

ミトコンドリアとは生物の細胞内構造物の一つで、人間の細胞は約60兆個あるといわれていますが、この細胞すべてにミトコンドリアが存在しています。

ミトコンドリアは人間の生命維持に必要なエネルギーであるATP(アデノシン三リン酸)を生成するという働きをしています。

ATPは筋肉や脳を活動させたり、消化器官を働かせたりするなど、人間の生命活動に絶対に欠かすことのできないエネルギーです。
このATPを生産することができるミトコンドリアは『人体の発電所』と呼ばれるほど人間にとって重要な存在なのです。

若く健康であるうちは十分なエネルギーを生産することができるのですが、加齢などが原因でミトコンドリアの数が減少してしまいます。
すると十分なATPを生産することができなくなり、人間の生命活動が徐々に衰えていっていまします。

ATPの供給が減ると、筋肉を動かす力が無くなって運動能力が低下し、消化器官の働きが弱くなるなど、人体の臓器や組織が活動することが難しくなっていきます。

ミトコンドリアの減少は、人間に致命的な影響を及ぼしますが、逆に増やすことができれば、エネルギーの生産が活発になるため、疲れにくくスタミナがある体になり、加齢による衰えを防ぐことができます。

生活習慣病は大まかな言い方をすると、エネルギーの不完全燃焼の慢性化が原因であることが多く、『人体の発電所』であるミトコンドリアが活性化すれば予防になります。

そのミトコンドリアはケイ素で出来ているため、身体の衰えを感じている人や糖尿病などの生活習慣病でお悩みの人には水溶性ケイ素を摂取することがオススメなのです。

↓↓オススメの水溶性ケイ素サプリメントはこちら↓↓
ウモ・ウモグリーン

 - ケイ素(シリカ)