【毎朝天国】目の整形をするとメイク時間はこれだけ短縮できる!

      2016/07/31

メイク

女性にとって毎日のメイクはひと仕事です。
単に顔を綺麗に見せるためだけではなく、会社員などで職種によってはマナーとしてもメイクは欠かせないものです。

男性もひげそりや寝癖をとるぐらいはマナーとしてやるでしょうが、女性はヘアメイクからファンデーション、チーク、口紅、アイメイク、香水などにも気を使わなくてはいけません。
そのメイクの中でも特に重要視される部分は目元のアイメイクですよね。

目をできるだけ大きく見せるようなメイクや、はっきりとした目元に仕上げるためのメイクは顔全体の印象を大きく変えることができます。
目に関しては人によっては悩み事を持っている方も多く、一重まぶたの方は特に大変です。

アイプチをして二重を作るのが常識になってきましたが、毎日してるとカサついたり眼瞼下垂のようになりまぶたがどんどん垂れ下がってきます。
そのためアイプチをしないで二重を作る方法を探したり、アイラインを研究しまくってもやっぱり理想の目には遠く及ばないものですよね。

アイプチは毎回同じように上手く出来るならいいのですが、やはり微妙におかしくなってやり直しをすることもあります。
夏場は途中で取れることもありますし、プールや海は泣く泣くお断りしないといけないし、彼とホテルに行ったときなど、いつアイプチが取れるかヒヤヒヤする人生です。

そんな毎日に嫌気がさして、思い切って二重の整形をした場合、どれだけ時間が短縮できるのか経験者に聞いてみました。

結果は平均的に毎朝『約15〜20分短縮できる』ようです。

二重メイクの時間だけが短縮されるわけではなく、アイラインなど目の周りのメイクも楽になるとのこと。
二重整形だけではなく、目頭切開や目尻切開もした人はさらに時間の短縮ができます。
そして「目の周りのメイクが崩れたときの修復が簡単になったことが、精神的にすごく楽になった」という声もありました。

アトピーや乾燥肌の人は特に二重整形をしてよかったという意見が多かったです。
朝のメイク時間の短縮だけではなく、夜のメイク落としと肌のケアも考えると、なぜもっと早くやらなかったんだろうと感じるようです。
今まで整形に偏見があってどうしても抵抗を感じていたところ、アイプチをして肌がボロボロになっていくのを見た母親がお金を出してくれたという話もありました。

最近ではプチ整形と言われる、埋没法での二重整形の技術が普及したことで親の理解も得られやすくなっています。
メスを入れるのは反対でも、糸で留めるだけで修正ができるのなら許してくれるのだそうです。

二重整形をしても、朝のメイク時間は変わらないという方の意見が面白かったのでご紹介します。

「メイク時間が変わらないのは二重まぶたを作る時間が減った分、他のところを念入りにできるようになったから。
二重まぶたを作るためのメイクは、マイナスをプラスにするメイク。
今私が毎朝しているのは、プラスをもっとプラスにしようって感じでメイクが楽しくなった。
目が変わっただけで自分に自信が持てて明るくなれたような気がする。」
とのこと。

朝の時間短縮だけのための二重整形ではなく、この方のように人生が明るくなるならステキですね。

二重にするなら<湘南美容クリニック>

美容整形>

 - 二重まぶた整形, 美容整形