末広型二重とは

   

目の部分が二重まぶたであると、美しいイメージを抱くケースが多く見られます。
そのため、美容整形外科では二重まぶたの施術がとても人気があります。
一言で二重まぶたといってもいくつかの種類が存在します。
並行型二重、末広型二重が種類の中でも目立っています。

一般的に、並行型二重といわれる二重まぶたに憧れを抱く人が目立ちます。
並行型二重は西洋人によく見られる二重まぶたであり、目のフチにそって平行にラインが入っている形をしています。

一方、末広型二重は目頭に近い部分は奥二重のようになっており、目尻に向かって二重のラインがはっきりしてくるものになります。
目が大きく見えるのは、平行型二重の方です。
西洋人によく見られる二重であり、日本人がこの二重にすると、ハーフのようなイメージを作り出すことができます。
つけまつげやマスカラなどを使い、濃い目のメイクをする人と相性のよい二重まぶたですが、日本人の場合だと平行型二重が合う人と合わない人がいるため、すべての人におすすめできるものではありません。

末広型二重は日本人の多くに似合うとされている二重で、ナチュラルなラインを作り出すことができます。
若い人だけでなく、お年寄りからも不自然さのない印象で見られる、おすすめの二重まぶたになります。

平行型二重も末広型二重も、部分切開と呼ばれる施術との相性がよい二重まぶたです。
部分切開とは、まぶたにメスをいれることで、二重のラインを作り出す方法です。
普通の切開法であると、ラインにそって大きくメスをいれることになりますが、部分切開であれば、ラインを作るのに1センチから2センチ程度切るだけですので、身体への負担が抑えられるのが魅力です。

末広型二重にしたいなら、プチ整形といわれる埋没法でも十分に形を作れる場合があります。
料金が安く、メスを使わないお手軽な埋没法ですが、糸で吊り上げる施術方法ですので、時間が経過したり、まぶたの形状によっては糸が取れてしまう可能性が高くなってきます。

部分切開であれば、メスと縫合でラインを作りますので、埋没法のように二重まぶたがなくなってしまう可能性がなくなります。
特に平行型二重は、部分切開などのメスを使った施術方法が向いています。
埋没法でははっきりとした二重まぶたが作りにくいからです。

その人にとって平行型二重が似合うか、末広型二重が似合うかについては、美容整形外科の医師がよく知っていますので、アドバイスを参考にしつつ、最終決断をすることをおすすめします。

二重にするなら<湘南美容クリニック>

美容整形

 - 二重まぶた整形, 美容整形