整形や脱毛って若いうちにやった方がいいの?

   

整形をする方の多くは20代や30代の方ですが、自分の理想の顔になれた方の多くが「もっと早くやっておけばよかった」と悩んでいた時間を無駄だったと答えています。

やはり整形はするまでに凄く時間のかかるものなのです。

安易に整形して失敗してしまっては本末転倒ですが、無駄に悩んでいるだけでは貴方の顔は良い方向に変わりません。

そこでこのページでは、いかに若いうちから整形をした方がいいのかについて書きたいと思います。

若いうちから整形や脱毛をした方がいい理由とは?

アイプチの様々なデメリットを考えよう

アイプチを毎回のようにやっているとまぶたが段々たるんできたり、肌に合わないとかぶれたりしてしまいます。
なによりアイプチってバレやすいですよね。

何よりいざ整形をしようとしたときに、まぶたがたるんでいると、眼瞼下垂の手術も追加しなければならないので非常に割高になります。

カミソリのデメリットも考えてみよう

脱毛においては、剃ってしばらくすると毛の部分がチクチクしてきますし、毎回カミソリで剃っていると肌も炎症を起こしてしまいます。せっかくムダ毛がなくても、肌が荒れていたら印象も良くありません。

カミソリ代だって一生続けてたら脱毛代とあまり変わらないのです。

時間や手間

あと皆さんが意外と計算に入れていないものは「時間や手間」です。
カミソリで全身のムダ毛を剃ったらどれくらいの時間が掛かるでしょうか?
脱毛をしてしまうと、その一生分の時間を得る事が出来るんです!!

今後50年以内にわき毛ブームなど起こるでしょうか?
女性にとって一生必要ないものを、臭いものに蓋状態にしていても一生解決はしません。

学生だと休みがとりやすい

整形をすると少なからず「ダウンタイム」が存在します。
これは手術後に普通にメイクなどが出来るようになるまでの期間です。
社会人になってからだとダウンタイム中のお休みも自由に取りにくくなります。

就職活動に有利

就職活動に外見は絶対に影響します。

タテマエでは人柄や能力を重視して採用している、といくらでも言えますが、短期間で採用する人を決めないとけいけないので、学歴などの書類審査上で全く同等であれば、面接時の雰囲気がいい方を採用するのが現実です。

学割がきく

たとえば湘南美容クリニックには学割が適応になるって知っていましたか?
条件は「学生である事」なので、受付時に学生証を提示すれば学割が受けられるようです。
また男女共に適応可能なので、男性の方でも遠慮なく学割で素敵な二重にしちゃいましょう!!

湘南美容クリニックの学割ってどんな感じ?

整形というと、まず両親からもらった自分の顔を変えるという事で色々考えてしまいますが、それ以上に考えてしまうのが「お金」の問題ですよね。
特に学生の方は、まだそこまでのお金が用意出来なかったり、ローンなどを組むのも勇気がいるものです。
そこで登場するのが「学割」です。

残念ながら学割が適応になる施術は決まっていて、二重整形と脱毛になります。
ただ二重整形に関しては埋没法も切開法も適応ですので、まずは大学生のうちに埋没法にトライしてみてもいいですし、学生のうちに完璧な二重を完成させたいなら切開法をやってしまってもいいですよね。

また新宿本院に電話して聞いてみたところ、新宿本院限定でニキビのアクネライトも学割適応だそうです。
このようにクリニックによって独自のキャンペーンを行っていることもあるので、そのあたりは直接クリニックに電話して聞いてみたり、クリニックのブログをこまめにチェックしてみましょう。

学割だとどれくらい安くなるの?

湘南美容クリニックの学割の値引き額は5%割引になります。

例えばフォーエバー二重術だと191,560円なので、学割が適応になると181,982円で施術が受けられるようになり、9,578円お得です。
また脱毛の全身6回コースだった場合435,370円なので、学割が適応になると413,601円で受けられるようになるので、21,769円もお得になります。

しかも脱毛の回数コースの場合、学割適応で契約してからその後卒業しても、学割適応で契約した分については、その金額で受けられるので、いずれ脱毛しようと考えているなら学割で契約してしまった方が絶対お得ですよね。

「学生じゃない」と諦めてしまった方にも朗報
クリニックによっては「シニア割」と称して60歳以上の方限定で割引を実施しているクリニックもあります。
その他にもお得なサービスや割引もいっぱいあるので、是非お近くのクリニックのブログやHPをチェックしてみましょう!

二重にするなら<湘南美容クリニック>

美容整形

 - 二重まぶた整形, 美容整形