平行型二重とは

   

一重まぶたの場合、目が小さくみえるばかりでなく、まぶたが下向きになってしまうのでさみしげな印象になります。
そのため目元を二重にする美容医療はかなりポピュラーで方法もいくつかありますが、二重には大きくわけて2種類あります。

そのひとつが末広型二重です。
目頭から離れるにしたがって幅がだんだん広くなっていく形状で、誰にでも似合いやすく自然な印象に仕上がるのが利点です。

これに対して平行型二重は目頭の部分から二重がはじまっており、華やかな目元になります。
平行型二重は幅をせまくすれば違和感がなく目を大きくみせることができ、幅を広くすれば外国人のようなはっきりした雰囲気に仕上がります。

一重まぶたにコンプレックスがある人は、ハーフモデルのような二重に憧れる人が多いようです。
そこでせっかくお金をかけて整形するなら平行型二重にしたいと考えてしまうのですが、どちらが似合うかは顔全体のバランスを考えないといけません。

それに平行型二重にしたいと思っても、蒙古ひだが大きくかぶさっていて目頭切開をしないと理想の二重にならない場合もあります。
その場合、最初に思っていた料金よりも高額になることもありますし、メスを入れるためダウンタイムが長くなることも知っておきましょう。

平行型か末広型かだけではなく、まぶたの整形自体のことをよく知ってから手術を受けないと思いがけない失敗をするかもしれません。

まぶたの整形法はいくつか種類があり、本格的に目の幅や形を変える場合にはメスを使用した本格的な全切開法が適用されます。
まぶたのみであれば時間も短くて済み、ダウンタイムの腫れもそれほど目立たないプチ整形の方が高い人気があります。
簡単ではあっても医療行為にあたるため、施術を許可されているのは美容外科や美容皮膚科など医師免許がおりているクリニックのみです。

プチ整形の中でも最も手軽な埋没法は、特殊な細い糸でひだに沿ってとめるだけなので、安全で効果の高い施術法です。
とめた後は皮膚に隠れて見えず、平行型二重にも適しており幅を調節しやすいのもメリットです。

またプチ整形の中でも埋没法は気に入らなければやり直しがきく点も手軽で、末広型から目頭側のみをとめて平行型にすることもできます。
平行型二重はまぶたの皮膚が薄くないと後々たれてくる危険性があるので、その場合にはたるみ取りを同時に行った方が長持ちさせられます。
物理的にリフトアップするほか、レーザーやサーマクールなどで肌を活性化する方法も、くっきりとした平行型二重にするのに役立ちます。

逆に術後のたるみが目立つ場合にはヒアルロン酸を注入すればふっくらとした目元を演出できます。
より永続的に平行型二重を維持する場合には部分切開をする事も可能です。

まぶたのひだの一部を少し切開し、縫合するだけのプチ整形なので半時間もあれば終了し、入院などは必要なくさらに脂肪をとってすっきりとした目元にできます。
自分の希望の幅に調節でき細かい部分までカスタマイズしやすく、元に戻るトラブルがほとんどない対費用効率の高い施術です。
二重に関するプチ整形は安全性が高く、ダウンタイム後はメイクやコンタクトなどにも支障が出る事はありません。

まずは実際に整形をする前にいろいろなクリニックでカウンセリングを受けて、自分に合ったまぶたはどのような形なのかを知ることが大事です。

二重にするなら<湘南美容クリニック>

美容整形

 - 二重まぶた整形, 美容整形