二重整形の失敗ってどんなパターンがあるの?

   

二重整形で代表的なものだと「切開法」と「埋没法」がありますが、一般的には埋没法の方がメスを使わないので手軽に出来て値段も安く、腫れや失敗も少ないといわれています。
しかし手術である以上、絶対に失敗しないという保証はありませんし、ドクターが成功したと思っていても、貴方自身が失敗だと思ったらそれは失敗なのです。

このサイトではそんな「失敗」をできるだけ避けられるように、その方法をお伝えします。

どんな失敗があるの?

img010-300x250

まず切開法はまぶたを切開して二重を作る手術なので、長期間腫れがひかない場合が多いです。

また埋没法は糸で縫合して二重を作る手術なので、まぶたの厚みなどによってどうしても元に戻ってしまう場合や、衝撃で糸が切れて取れてしまう場合があります。

埋没法の糸が取れて戻ってしまったり、思ったような二重にならなかったので、また埋没法を受けるという流れを2,3回くらい繰り返す方がとても多いのですが、何回も埋没法をやるとその分まぶたへの負担が大きくなり、二重が綺麗に決まらなかったり、三重や四重になってしまう場合もあるのです。

埋没法はあまり何度もやりすぎると、糸が溜まってしまい炎症を引き起こす原因になることも。
1回目の手術から長い期間経過した場合、元の形の目に戻そうとしても、糸の周りの炎症の癒着が進んでしまい、抜糸をしても完全に元の目の形に戻せない可能性もあります。

ただこれらは失敗というわけではなく、あくまで二重の整形であれば仕方のない部分でもあるのです。
では、それ以外だとどのような失敗が考えられるのでしょうか。

希望した幅にならなかった

実際の手術で思っていた二重の幅にならない場合があります。
まぶたの場合幅が1mm変わってくるだけでその人の印象も変わってしまいます。

左右に差がある

目は元々多少の左右差があるものなので、左右全く同じにそのまま手術をしてしまうと、元々の左右差が開いてしまう場合があります。

手術の跡が目立つ

目を閉じた時に不自然なしこりが見えて、整形したことがバレてしまう場合があります。

これらは「整形なのでしょうがない」と諦められる事ではないので、一生付き合う自分のまぶた、絶対失敗するわけにはいきません。

トラブルを避けるためにもカウンセリングは必要不可欠

では上に書いたようなトラブルは一体どうやって避ければいいのでしょうか。
まずは二重の整形をして自分がどういう二重になりたいかを、キチンとクリニックや医師に伝える必要があります。

そもそも切開法と埋没法どちらが自分に合っているのか、またまぶたの厚みでその人に合う二重の幅もありますし、自分だけで考えていてもどんな手術が合うかはわかりません。
それを確かめる為にも、クリニックでのカウンセリングは必要不可欠なのです。

どこでカウンセリングを受ければいいの?

カウンセリングというと

「HPでは安く書いてあったのに、勝手に色んなオプションを付けられて高額になったりしそう・・・」
「事前に予算を伝えているのに、無理矢理ローンを組まされて高額な手術を契約されそう・・・」

などのイメージがあったりしませんか?

実際にたいしたカウンセリングもしていないのに、すぐに契約しようとしたり、高額なだけの手術を勧めてくるクリニックがある事も事実です。
そういったクリニックで無理矢理無駄な手術をされないように、カウンセリングとはいえクリニック選びは重要になります。

madasuruna300

例えば湘南美容クリニックでは「整形はまだするな」という小冊子を無料で配布しています。
クリニックの本としては真逆の意味合いのタイトルでビックリですが、安易に美容整形をして後悔している方が多いのも事実で、そういった後悔が少しでも出ないように是非読む事をお勧めします。

またカウンセリングにもまだ少し不安があるという場合は、無料メール相談を使ってみるのもオススメです。
湘南美容クリニックではマイページ登録をして、カウンセリング前の相談メールを無料でできるようになってます。
マイページ登録はニックネームとアドレスを登録するだけなのでとても簡単です。
その他にもマイページに登録すると、最新の美容情報、会員特別情報を一足先に見ることができたり、「美容外科医が語る本音」メールマガジンが読めるなど特典もいっぱいです。

二重にするなら<湘南美容クリニック>

美容整形

 - 二重まぶた整形, 美容整形