二重整形がバレたときのオススメの言い訳はこれだ!

   

二重整形を行うと周囲にバレてしまうことを気にしている人もあるのではないでしょうか。
もし周囲に知られてしまった場合の対策も考えておきたいですし、できるだけバレない工夫もしておきたいところです。

まずバレたときの例として、もっとも説得力があるまともな言い訳を紹介しましょう。

眼瞼下垂の手術をしたの。

これです。
眼瞼下垂は程度によっては、健康保険が適用されるれっきとした治療を必要とする症状です。
眼瞼下垂によって視界が悪くなり肩こりや自律神経にも影響を与えると言われています。

本当に眼瞼下垂で困っている人には失礼な話ですが、言い訳としては最強です。
美容整形したことを差別的に噂するような人は、眼瞼下垂のことも知らないでしょうから、自分の無知を反省してもらえばいいでしょう。

次に説得力はあるけど壮大なウソをつくことになる言い訳です。

事故でまぶたを切っちゃって。

ビートたけしや千原ジュニアも整形をしているといえば言えるわけですが、誰も整形したことを揶揄する人はいません。
生死をさまよう事故を起こしてしまい、生きているだけでも素晴らしいわけです。
そう考えると整形ごときでガタガタ言うほうが恥ずかしくなるでしょう。

次は日頃から明るいキャラで整形したことをネタにできる人向けの言い訳です。

宇宙人にさらわれて、帰ってきたら二重になってた。

衝撃的なことがあって、目を見開いてガン見してたら二重になってた。

うちは3代続いて、25歳になると二重になる家系なの。

ドラゴンボールが7個そろったから、二重にしてもらった。

このように完全にウソだとわかるボケをすることで、整形がバレたことを全く気にしていないと相手伝えられます。
整形のことをバカにするような性格の悪い人は、相手が嫌がったり落ち込んだりすることが好きなので、気にしていないとわかったらそれ以上なにも言ってこなくなります。

次に手術後すぐのダウンタイムの間にバレたときの言い訳を紹介します。

ダウンタイムの間は腫れを隠すためにメガネやサングラスをかけることが多いと思いますが、普段かけていないのに急にかけるとつっこまれることがあります。
そのため手術前からメガネやサングラスをかけるキャラづくりをしておくことをオススメします。

それでもバレた場合はこういいましょう。

最近FRIDAYに追われてて。

パパラッチ対策にはサングラスは必須ですからね。しょうがないですよね。

冗談はさておき、やはりダウンタイム中は腫れがひどいので、なぜ腫れているかの言い訳を考えておくといいでしょう。

説得力があるのは、花粉症、アレルギー、ものもらいなど誰しもがありえる症状のせいにすることです。

ボケるなら

昨日『1リットルの涙』見て泣いたわー。
2リットルは泣いたわー。
そういえば全然オシッコいってないわー。

これしかないですね。

と、まあ、言い訳の話をしてきましたが、本当はバレたときの言い訳を考えるというよりは、整形して美しくなった自分に自信をもって堂々としていて大丈夫です。
整形ネタでボケられるような心の余裕を持って明るく生きていきましょう。

二重にするなら<湘南美容クリニック>

美容整形

 - 二重まぶた整形, 美容整形