二重メイクを毎日ムリしてがんばるより、整形したほうがいい人はこんな人

      2016/06/22

埋没法によるプチ整形が普及して、本当に二重まぶたの整形をする人が増えてきました。
二重まぶたの整形をした人の満足度は概ね高いようです。
ほとんどの人は苦痛だった二重メイクからの開放がうれしいと感じています。

一重の人が全員整形をすればいいというわけではありませんが、毎日ムリをして二重メイクをするよりも整形をしたほうがいい人がいることは事実です。
そこでどんな人が整形したほうがいいか、紹介していきます。

アイメイクが下手な人

二重メイクをするのには時間が掛かります。
アイテープやアイプチ、メザイクなどにまず慣れなければいけません。
使えるようになってきたとしても、自分の思い通りになるとは限らないのが大変なところです。
左右が違ったりすると、同じように見えるまで何度もやり直す人が多いでしょうが、メイクをするのは大体出かける前ですよね。
多く時間を見ているつもりでも、何度もやり直しをしていれば時間ギリギリになってしまったり、時間を過ぎてしまうこともしばしばあります。

アイメイクが下手な人は一日のメイク時間とメイク落としの時間は合計すると数十分にもなるものです。
整形をすることで人生のどれぐらい自由な時間を手に入れることができるでしょうか。

汗っかきの人

二重メイクが取れると最悪です。
普通のメイクが崩れているのとはわけが違います。

二重メイクをしている人は途中でとれてしまったときのために、いつもポーチの中にメイク直しができるように持ち歩き、とれてしまう恐怖に不安を抱きながら毎日を過ごしているのです。
特に汗をかきやすい夏、海やプールにも怖くて行けないという方も多いでしょう。

一番の問題は彼と夜を過ごすことになったとき、汗っかきの人はいつの間にか二重メイクが取れてしまって幻滅されてしまうことです。

汗っかきでアイメイクの持ちが悪い人はプチ整形をしたほうがいいでしょう。

アトピーや肌荒れがひどい人

瞼は敏感で毎日使用することによって、瞼にかゆみが出たり時には腫れてしまうこともあります。
糊のせいで皮膚呼吸ができず、肌が荒れてしまってもムリをして長期的に続けていると、まぶたが垂れ下がってしまうことも問題です。

まぶたが荒れてどうしようもなくなってからでは、整形も難しくなる場合がありますので、絶対にムリにメイクをしないようにしてください。

コンプレックスがひどい人

自分の目にコンプレックスを抱えている方は少なくありません。
コンプレックスを抱いている方は、二重にせずに外に出るということができません。
肌荒れがひどくても二重メイクをせずにはいられない人に、いくら肌に悪いことを説明してもメイクをやめることはほとんどないです。

それほど心の問題を解決することは難しく、時間が解決してくれる場合もあれば、時間がたてば深刻化してしまう場合もあるのです。
しかし大きな問題のように見えますが、実は二重整形をするだけで簡単にコンプレックスが解消されて、急に明るくなったりするものなのです。

コンプレックスは他人には理解してもらえません。
たかがまぶたと思う人もいるかもしれませんが、本当に深刻に悩んでいる人もいるのです。

そんな人にとっては思い切って二重整形をすることをオススメします。
そのときは埋没法を選ぶといいでしょう。
料金も安く、ダウンタイムも短く、やり直しがききやすいからです。

整形をしよう!と決めるだけで、前向きになります。
どこのクリニックがいいか、どんなドクターがいるのか、自分にはどんなまぶたが似合うのか、整形したらプールに行こう、などなど。
いろいろ自分の人生を前に進めるためのことを考えるようになるきっかけをつかめるのです。

整形は不安だと感じている場合は、カウンセリングだけでも複数のクリニックに受けにいくといいです。
整形をしないといけないと思うと重苦しくなりますが、カウンセリングだけと決めれば行動に移しやすくなります。
そこでいろいろなドクターの話をきくことで、コンプレックスを持っているのは自分だけじゃないことがわかってくるでしょう。

コンプレックスを抱えながらムリして毎日二重メイクをするぐらいなら、思い切って整形をしてみることをオススメします。

二重にするなら<湘南美容クリニック>

美容整形

 - 二重まぶた整形, 美容整形