二重のプチ整形って具体的にはどんな手術をするの?

   

プチ整形という言葉はよく聞きますが、具体的には普通の整形とどう違うのでしょうか。
ざっくりいうと、メスを使わない整形のことをプチ整形と呼んでいるようです。

よくあるのがヒアルロン酸やボトックス注射による整形ですが、二重まぶたのプチ整形は注射ではありません。
細い糸でまぶたを数か所とめて二重のラインをつくるのです。

二重まぶたのプチ整形とは

二重まぶた整形には切開法と埋没法と呼ばれるいう方法があり、埋没法がプチ整形と呼ばれる手術法です。

埋没法は切開法に比べて腫れや痛みのリスクが少なく、ダウンタイムが短いためばれにくいということ、さらに費用も安く気軽に受けやすいことや、失敗してもやり直しができることから人気があります。

一言で埋没法と言っても様々な方法があります。
クリニックやドクター毎にオリジナルの手法があり、美しく長持ちする方法を研究して競い合っているのです。

まぶたの厚さや、もともとも目のラインによっても何か所とめるか、どの位置をとめるかというのは変わってきます。
プチ整形と言っても経験が豊富な医師に相談することで、自分にぴったりのラインを作ってもらうことができます。

好みのラインにするために、専用の道具を使い、事前にシミュレーションを一緒にして、確認してからの手術となりますので心配いりません。

プチ整形はまぶたの表と裏に麻酔を打ってから行いますので、手術中の痛みはほとんどありません。
また、心配な方は静脈麻酔などをしながら行うこともできますので、医師に相談してみると良いでしょう。

ただし手術中の痛みはほとんどなくても、術後はやはり腫れもありますし、痛みもあることは知っておいてください。

二重まぶたのプチ整形のデメリット

二重にすることで、メイクもより楽しくなりますし、見た目的な印象がずいぶんかわってきます。

しかし埋没法はプチ整形ですので永久的なものではなく、期間が経過するとともにラインが目立たなくなってきたり、留めていた糸が外れて二重がなくなってしまうのは当然です。

それに対してメスを使う二重整形は永久的なラインを作ることができます。
傷跡は二重のラインに沿っているためバレることはほとんどありません。

ただ抜糸までの間腫れも長く続くこともあり、日常的な生活への負担であったり、ダウンタイムの間は会社や学校で他の人に見られると整形をしたことがバレバレです。

埋没法でできるのは二重まぶた整形や垂れ目を作ることぐらいで、理想の目を作るためには目頭切開や目尻切開が必要な場合があります。

日本人は蒙古ひだと呼ばれる目の内側にかぶさっている皮膚があることが多く、そのためプチ整形で二重だけを作っても不自然になることがあるのです。

プチ整形をしたかったのに切開を勧めてくるクリニックは詐欺?

インターネットでプチ整形を調べて、埋没法での二重まぶた整形だけするつもりになってクリニックにカウンセリングを受けに行くと、切開を勧められたということがよくあります。

切開をするとダウンタイムも長くなるし、失敗すると修正が大変で、何より料金も高くなりますよね。

だからそのクリニックは儲けるために切開を押し付けてきたんだと不信感を抱いてしまいがちです。

これは本当に判断が難しい問題なのです。

悪質なクリニックかもしれませんし、ドクターは本当にあなたのことを考えて言ってくれているかもしれません。

プチ整形と言っても料金もかかることですし、それだけでは不自然な目元になるのであればやらないほうがマシということはありえます。

どうすればいいかですが、ちょっとでも不安があれば複数のクリニックでカウンセリングを受けるしかありません。

手術をうける前のカウンセリングはほとんどのところで無料で行っています。
プチ整形だけでも大きな決心がいると思いますが、切開が必要かも、となれば安易に決めてはいけません。

必ずセカンドオピニオンを確認して、本当に切開が必要なのか、実はプチ整形だけでも問題ないのか、正確に判断してください。

二重にするなら<湘南美容クリニック>

美容整形

 - 二重まぶた整形, 美容整形