脂肪吸引のデメリットについて

      2016/09/13

脂肪吸引は、体内にある脂肪に直接働きかけることによって脂肪を除去する方法になります。

その為にダイエットの効果も直に実感でき、リバウンドもしにくいというメリットもあります。

しかしもちろんいいことばかりではありません。

脂肪吸引に興味がある人はしっかりとメリットとデメリットを比較して脂肪吸引を受けるか受けないかを判断する様にしていきましょう。

それでは、今回は脂肪吸引のデメリットについてみていきたいと思います。

脂肪吸引のデメリットとは?

まず脂肪吸引は体に直接負担がかかる方法であるという事は理解しておきましょう。

麻酔薬や痛み止めを使い適切に処置はされますが、痛みが全くないという事はありません。

術後ももちろん、しばらくは痛みや違和感と付き合うことになります。

また、体の中の脂肪に働きかけるという事は体の表面にも多少の傷は残ってしまう事になります。

最近では体に傷が残りにくい方法等も開発されてきてはいますが、完全に痛みと傷を無くしてしまうという事は不可能です。

ですので、それらのデメリットを理解して、脂肪吸引を受ける際には的確なアフターケアを行ってくれる病院を選ぶ事が大切になってきます。

術後しばらくは体の腫れが引かないこともあるので、ダウンタイムを把握してスケジュール調節もしっかりと行っておきましょう。

ちなみに手術費が高いということに関しては、リバウンドしにくいことなどから他のダイエット法と比べるとトータルで考えると割安になることが多く、デメリットとは言えません。

脂肪吸引で身体のラインはどうなる?

脂肪吸引は脂肪細胞を直接除去する事によってリバウンドしにくい部分痩せに特化したダイエット方法になりますが、反対に除去した部分以外の脂肪細胞の数は減っていない状態になっています。

そのために脂肪を除去した所とそうでない所では脂肪の付き方が変わってくるので体のバランスが崩れやすい場合があります。

ですので脂肪除去をした後も出来るだけ健康的な生活を送るように心がける必要があります。

また、脂肪吸引は体の中にある脂肪を吸収するのですが、その過程で医者によっては綺麗に脂肪を吸引出来ないという場合もあります。

下手な医者の施術をうけてしまうと脂肪が上手く吸引出来ておらずに体のラインがでこぼこしてしまうという事もあります。

どの医者を選ぶのかがとても大切になってきます。

有名なクリニックだから大丈夫というわけではなく、必ず施術してくれるドクター自身の過去の症例数など実績を確認してください。

ほかにも、脂肪自体はあまり比重自体が無いために体重の変動が実感できにくかったり、メタボリックシンドロームには関係がないという点も憶えておきましょう。

>>湘南美容クリニックのホームページはこちらをクリック<<

脂肪吸引

 - 脂肪吸引, 美容整形