整形したのをバレたくない!整形前にするべき準備とは

   

せっかく決意して整形しても、あなたのまぶたが急に変わったら周りは「整形かな?」と疑ってしまいます。

「別に整形がバレても構わない」と堂々とできる方なら問題ありませんが、陰口や悪口の標的にはできるだけなりたくないもの。

そうならないために大事なのは「印象を急激に変えないようにすること」です。

整形前にバレないようにするには?

長期休暇を利用して整形

一番バレないのは長期休暇を利用することです。

整形をすると必ず、普通に化粧できるようになるまで数日間(ダウンタイム)腫れてしまいます。

朝出勤や通学してきて、いきなりあなたのまぶたが腫れていたら周りもビックリです。

なので長期休暇を利用すれば、ダウンタイム中誰にも会わずに過ごすことができます。

転職を利用して整形

転職時期を利用して整形すれば、新しい職場であなたのまぶたがどうだったかなんて誰にもわかりません。

もし転職時期に長期休暇できるならその時期に整形してしまえば「新しいあなた」としてデビューすることができるのです。

メガネを活用

長期休暇や転職は簡単に出来ることではありませんが、職場や学校でメガネスタイルにして、周囲の視線を目ではなくスタイル自体に逸らすのはわりと簡単です。

視力が悪くなければ伊達メガネで十分ですし、普段メガネの人は逆にこれを機にコンタクトにしてしまっても構いません。

前髪で少し隠す

整形前に前髪を作っておいて、まぶたを隠してしまうのも効果的です。

同時に後ろ髪も一緒にイメージチェンジしてしまえば、周囲の視線はそっちにいくのでより効果的になります。

整形前にアイプチなどで徐々にまぶたを変化させていく

整形前にアイプチなどで徐々にまぶたを変化させていくのもオススメです。

重要なのは「徐々に」というところで、少しずつ変化させていくことで周囲からバレないようにします。

これならまぶたが腫れていても「アイプチの糊でかぶれた」と言い訳ができますし、綺麗な二重が完成したら「毎日やってたらまぶたにクセがついて二重になった」と言うこともできます。

バレたくないなら切開法よりも埋没法がオススメ

バレないようにするには、整形前から「どうやってバレないようにするか」をキチンと考えておくことが大事です。

親しい友達にだけは打ち明けておいて、いざという時にフォローしてもらうというのも一つの手になります。

そして整形したことをバレないようにするには、切開法よりも埋没法の方がオススメです。

埋没法はメスを入れない手術ですので切開法と比べて腫れが少ないですし、糸で縫い合わせるだけなのでいざという時には元に戻せますので、お試し的に行う整形にはピッタリになります。

入念に下準備して、バレないように綺麗な二重を手に入れましょう。

二重にするなら<湘南美容クリニック>

美容整形

 - 二重まぶた整形, 美容整形