ムダ毛の自己処理はとっても危険?自己処理にひそむデメリット

   

「ムダ毛の処理は全部自己処理」という人は多いと思いますが、ムダ毛の自己処理は危険がいっぱいです。

今回はムダ毛の自己処理の危険性についてまとめたいと思います。

ムダ毛の自己処理はどんなものがあるの?

カミソリ

カミソリは刃を直接肌に当てるので、肌への負担がとても大きいです。

毛だけでなく肌の表面も削ってしまっているので、ターンオーバーを強制的に促し、乾燥肌や敏感肌の原因になってしまいます。

またカミソリでは表面しか処理が出来ないので、黒くブツブツした跡、男性の髭は青い髭剃り跡が残ってしまい、見た目もあまり綺麗ではありません。

除毛クリーム

薬局やドラッグストアで売られている除毛クリームは、肌に直接薬剤を塗っているので、やはり肌への負担は大きいです。

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスは、専用のワックスで毛根から一気に抜きとる脱毛です。

毛根から一気に抜きますのでかなり痛いです。

しかも専用ワックスで一気に抜き取るので、毛を残しておこないと毛がワックスにつかないので多少残しておかなければなりません。

また毛を根本から引っこ抜くため、毛穴が炎症を起こしてしまい、そこから細菌などが入り、化膿してしまう可能性があります。

ムダ毛の処理は危険!脱毛のすゝめ

脱毛はエステやクリニックでレーザー針などを当てて毛根にダメージをあたえて毛をなくす手法です。

脱毛であれば自己処理と違って毛がきちんと減っていくので、少しずつ処理するムダ毛が減っていくのが嬉しいですよね。

最近では家庭用脱毛器なども流行っていますが、やはりクリニックと比べると照射のレベルが弱いのでその分効果も薄くなってしまいます。

クリニックなどで脱毛するデメリットは高額であることくらいですので、お金に余裕があるならクリニックなどで行う方がオススメです。

これから夏本番、肌を露出する機会も増えると思いますが、どこか一部でも処理を怠るとそれだけで男子は幻滅してしまうので、全身隈なくチェックする必要があります。

自己処理だとその度に肌を傷つけてしまいますし、表面しか処理ができないのですぐに表面がブツブツしてしまい見た目も悪いですし、それを隠そうとするとまたすぐに処理をしなくてはいけなくなってしまいます。

だんだん肌が弱くなってしまい炎症を起こしたり、肌がかたくなってしまい黒ずんでしまったりする場合があります。

せっかく綺麗に見せたいと思ってしている処理なのに、炎症で赤くなってしまったり黒ずんでしまっては本末転倒です。

脱毛はちゃんと少なくなっていくのを実感できるので、ぜひ脱毛でムダ毛を減らしてツルツルの肌を披露しましょう。

脱毛器ランキング180週連続1位!真似できない実績「ケノン」
脱毛器

 - 脱毛