お腹周りのしつこい脂肪をプチ断食で削ぎ落とそう

      2016/06/21

「腹筋運動はやってるのにお腹周りの脂肪がなかなか落ちない」

とお困りの人は非常に多いです。

そんな人には「プチ断食」がオススメです。

プチ断食の効果

元々お腹周りの脂肪は、他の脂肪と比べて落ちにくいようになっています。

お腹周りはアドレナリンなどのストレスホルモンが届きにくく、脂肪を分解するためのHSL(ホルモン感受性リパーゼ)が働きにくいのです。

しかしプチ断食をすると、カロリー摂取を断たれた身体がびっくりして、アドレナリンやドーパミンといったストレスホルモンを分泌され、HSL(ホルモン感受性リパーゼ)の働きを促進して脂肪を分解してくれます。

プチ断食はどうやってやればいいの?

通常の断食は何日も行うのですが、プチ断食は1日行うだけでOKなのでとても簡単。

断食で多い失敗が断食前と断食後にたくさんの食事をしてしまうことです。

急激な変化は腸がびっくりしてしまうだけでなく、断食後の急激な食事は吸収率も上がっており、リバウンドしやすいので気をつけましょう。

前日の夕食は軽めにして、プチ断食に備えます。

当日は断食専用のジュースやバナナなどの果物で作ったフレッシュジュース、人によっては水だけの人もいます。

ここらへんは好みの問題にもなってくるのですが、初めて挑戦する方は自己流のジュースなどよりも、断食専用のジュースの方が始めやすいかもしれません。

腸を綺麗にするためにも、当日は水分を多めに摂りましょう。

次の日も断食前と同様に、軽めの食事から始めて少しずつ通常に戻していきます。

プチ断食の注意点

プチ断食中は普段よりだるくなったりお腹がすいてイライラしたり集中力が落ち気味になりますので、できるだけ仕事や学校の日ではなくお休みの日に行う方がオススメです。

また初めてプチ断食を行う時は、激しい運動を行うと貧血になったりしてしまう可能性があるので、できるだけ運動は行わないほうがいいでしょう。

プチ断食で腸も若返る

プチ断食を行うと腸が消化・吸収にエネルギーを使わなくて済むので、腸を休ませることができます。

基本的に人は毎日食事をしています。ということは腸は毎日動き続けて休むことができないのです。

プチ断食で腸を休ませることができれば、腸がリセットし腸の免疫機能が活性化されるので、身体の抵抗力なども上がります。

『お腹の脂肪も落とせて腸もリセットできる』

そんなプチ断食、ぜひお試しください。

>>湘南美容クリニックのホームページはこちらをクリック<<

脂肪吸引

 - 脂肪吸引, ダイエット