切開法VS埋没法!どっちがいいのか考えてみた

      2016/06/11

まぶたの二重整形は主に2種類あって、「切開法」と「埋没法」があります。

どちらにもメリットデメリットありますが、まぶたの二重整形を考えた時に、どちらにするべきかは悩んでしまうところです。

今回はそんな切開法と埋没法、どちらがいいのかを考えてみました。

切開法と埋没法のメリットデメリット

切開法のメリット

・埋没法より綺麗な二重を手に入れることができる
・まぶたを切開するので元に戻らない

切開法のデメリット

・万が一失敗しても元に戻すことができない
・施術時間が長い
・ダウンタイムが長い
・かなりまぶたの形が変わるのでバレやすい

埋没法のメリット

・安い
・メスを使わないので、施術時間が短い
・ダウンタイムが短い
・糸で留めているだけなので、もし仕上がりが気に入らなかったらやり直しができる

埋没法のデメリット

・糸が取れてしまう

切開法埋没法を選ぶ理由

●切開法を選ぶ理由

「以前埋没法をやって、糸が取れてしまったので切開法にする」
「まぶたが腫れぼったく、まぶたの脂肪除去もしたいので切開法にする」

●埋没法を選ぶ理由

「値段が安いのでまずは埋没法にしてみる」
「仕事の休みが長く取れないから、ダウンタイムを考えて埋没法にする」
「両親が『埋没法はいいけど、切開はダメ』と言うから」

などが多いようです。

まずはカウンセリングで自分に合う施術を見極めよう

いろいろネットで切開法埋没法のメリットデメリットを調べた上で「こんな二重にしよう」と心に決めたかもしれませんが、ちょっと待ってください!

あなたの目にどんな施術が合うかは絶対にプロの目に任せた方がいいです。

手術を受ける前には必ず「カウンセリング」といって、「どんな二重にしたいのか」など、医師があなたの理想の二重を聞き、最終的にどんな仕上がりにするかを相談します。

いくらあなたが埋没法を望んでいても、医師とのカウンセリングで「あなたのまぶたは厚いので埋没法だと取れてしまう可能性が高いから切開法の方がいい」と言われる可能性もあります。

最終的に決めるのはあなたですが、医師は過去何人もの患者さんを診てきた上でのアドバイスですから、プロの意見はちゃんと参考にしましょう。

二重にするなら<湘南美容クリニック>

美容整形

 - 二重まぶた整形, 美容整形