アイプチのし過ぎは危険?半永久的な二重にしたいなら切開法がオススメ!

   

二重にしたいけど整形は怖いので毎日アイプチしているという人は多いと思いますが、アイプチを毎日していると、まぶたがたるんでしまったり、まぶたが傷んで色素沈着してしまう場合があります。

また毎日アイプチをしてまぶたがたるんでしまうと、いざ整形しようとなった時にまぶたがたるんでいるので、二重の幅が理想の幅にならないことがありますので、半永久的な二重にしたいのであれば、早めに切開法をするのがオススメです。

二重にするなら<湘南美容クリニック>

美容整形

切開法のメリット

二重が戻りにくい

切開せずに糸で留めて二重を作る埋没法は、糸が緩んだり切れたりすることがあり、一重に戻ってしまう可能性があります。

しかし切開法であれば、二重が半永久的に持続してくれるのです。

まぶたの脂肪を除去できる

まぶたの脂肪を除去できるので、まぶたが腫れぼったい人でも理想の二重にすることができます。

まぶたが腫れぼったい人が埋没法をやると、その分まぶたを縫合している糸も引っ張られるので、埋没法が取れやすくなります。

なのでまぶたが腫れぼったい人は、まぶたの脂肪を除去して切開法をするのです。

「じゃあ埋没法+脂肪除去でもいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、まぶたの脂肪をしっかり除去するのであれば、最低でも5mmから15mmはまぶたを切開しなければいけません。

それだけ切開するのであれば、そのまま切開法で理想的な二重が作れてしまうので、わざわざ脂肪の除去をして埋没法をするのはあまり意味がありません。

ですので、まぶたが腫れぼったい人ほど切開法が向いているのです。

切開法のデメリット

ダウンタイムが長い

切開法はその名の通り「まぶたを切開する」ので、糸で縫合するだけの埋没法よりもダウンタイムが長いです。

ダウンタイムとは、術後腫れがおさまって化粧などができるようになるまでの期間のことになります。

切開法のダウンタイムは、切開の幅や位置、除去する脂肪の量や医師の技術、そしてなによりあなたの体質によって大きな差があります。

術後わりとすぐに腫れが引いて化粧できるようになる人もいれば、ひどいと一週間以上腫れている人もいるのでさまざまです。

元に戻しにくい

切開法ではまぶたを切るので一重に戻ることはありません。

とてもありがたいですが、逆に考えれば「元に戻したくても元に戻せない」ということなのです。

ある程度は修正も可能ですが、修正の手術は技術的にも難しいですので、なるべくなら一発で決めたいものです。

切開法をするなら納得いくまでカウンセリング

「切開法なんてしなければよかった」なんて思わないようにするためには、自分の納得がいくまでカウンセリングをして手術に臨む必要があります。

「何回も同じ話して悪いし、まぁこれでいいかな」と妥協してしまうことで、「しなければよかった」という後悔を生んでしまいます。

そのためにはカウンセリングで自分の理想の二重や疑問をどんどんぶつけてみましょう。

その時の対応次第で事務的に進められてしまうのか、それともきちんと話を聞いてくれるのかがわかると思います。

医師の技術も絶対ですが、もしかしたら「納得いくまで話し合ってくれる」ことの方が大事かもしれません。

後悔しないためにも納得いくまでカウンセリングして、切開法で理想の二重にしましょう。

二重にするなら<湘南美容クリニック>

美容整形

 - 二重まぶた整形