EXILEの定番トレーニング!スライドボードでバテない太ももを作ろう

      2016/11/21

TOEI LIGHT(トーエイライト) スライディングボード H-7437

スライドボードとは横に滑り込むことを繰り返して下半身用を鍛えるトレーニング器具です。

EXILEのトレーニング風景などを見ると、このスライドボードをやっている映像がよく出てきます。
実際HIROさんもこのスライドボードについて、こう語っています。

『 僕らのやっている踊りのスタイルって、一瞬の切れ味が命なんですよ。野球のピッチングでいえば、ワインドアップじゃなくてクイック。大きく予備動作をつけて動くんじゃなくて、一瞬でガッと加速して、ピタッと止める筋肉の使い方なんです。そのメリハリによってキレが出てくる。逆に止めるところで少しでもダラッとしちゃうとカッコ悪くなる。

 そういったキレのいい動きをするには、手脚よりも、やっぱり体幹を鍛えるのが大事です。とくにお尻まわりの筋肉を強化してからは、下半身が安定して、上半身の動きも楽になりました。スライドボードという道具に乗ってアイススケートのように足を横に滑らせるトレーニングがあるんですけど、これをやってからは明らかに筋持久力が上がって、ライブでも最後までバテなくなりました。それでまたひとつ上のレベルに上がれた感覚ですね。』

Number Web <EXILEを支える男に聞く> パフォーマーHIROの肉体。

スライドボードの効果

スライドボードは主に脚の筋肉を鍛えるものですが、それ以外にもこんな効果があります。

筋持久力の強化(スタミナアップ)

やってみるとわかりますが意外とキツイです(笑)
長時間やってると筋持久力の強化に繋がります。

普段のインターバルトレーニングで心拍数200ほどの負荷まで追い込むHIROさんが『これをやってからは明らかに筋持久力が上がって』と言っているくらいなのですから、その負荷の高さがうかがえます。

お尻周りのシェイプアップ

滑り込む際に脚のインナーマッスルも同時に鍛えることが可能になります。
またこの左右に滑る動きは、普段あまり使われない内転筋も鍛えることができるので、お尻周りのシェイプアップも期待できます。

『テレビを見ながら』『音楽に合わせて』スライドボードを楽しもう

スライドボードの使い方は非常に簡単です。

動画のように専用のシューズカバーをして、足を左右に滑らせていきます。

やってみると意外と辛い上に単調ですが、自宅で簡単に行えますので、テレビを見ながらやってみたり、音楽に合わせてリズムよく滑ってみたりすると飽きないで続けることができます。

ぜひスライドボードで、EXILEのようにバテない太ももを作りましょう。

 - ダイエット, トレーニングジム, 筋トレ, ランニング