中性脂肪は何が中性なの?酸性脂肪とかアルカリ性脂肪とかがあるの?

      2016/11/22

メタボの宿敵と言われる中性脂肪。

この言葉はよく聞きますが『中性脂肪』というのはただ単に『脂肪』という意味なのでしょうか。

それに『中性』というからには酸性でもアルカリ性でもない脂肪だろうな、と想像できますが、じゃあ酸性脂肪やアルカリ性脂肪というものがあるのでしょうか。

中性脂肪はただ中性なだけ

中性脂肪がなぜ『中性』脂肪と呼ばれるのかというと、酸性でもアルカリ性でもなく中性だから中性脂肪と呼ばれているだけです。

酸性脂肪、アルカリ性脂肪というものがあるわけではないので、誤解を生みやすい名前ですよね。

例えばラーメン屋のメニューに『とんこつラーメン“並”680円』と書いてあって、「じゃあ大盛りはいくら?」と聞くと「いや、大盛りはないんです。」と言われたような気分です。わざわざ並って書く意味ある?みたいな。

じゃあ中性脂肪って単に脂肪って呼べばいいのでは?

確かに医者や化学者でない限り、中性脂肪のことは脂肪と呼んでもいいような気がします。

ただ脂肪という言葉でいろいろなものを表すことがありますので、他のものと区別するために敢えて中性脂肪という名前を使っているのが実情です。

脂肪の種類は脂肪酸と何かが結びついたものが多いのですが、その中で脂肪酸とグリセリンが結びついたものを中性脂肪といいます。

ロウソクのロウは高級脂肪族アルコール+脂肪酸、リン脂質はアルコール+脂肪酸+リン酸、糖脂質はアルコール+脂肪酸+糖、コレステロールにも脂肪酸が結びついてコレステロールエステルになります。

他にもいろいろありますが、単に脂肪というとそういうものをまとめて言ってるのか、中性脂肪だけのことを言っているのかわかりにくくなるのです。

それに一般的に脂肪というとラードやバターや食べる肉のアブラのような常温で固体になるものを指すことが多く、常温で液体になる油(オイル)との比較で使われています。

そのときの脂肪というのは中性脂肪だけではなく他のものも混じっているので、正確に脂肪酸とグリセリンが結びついてできたものだけのことを言いたいときは中性脂肪という言葉を使うのです。

中性、酸性、アルカリ性ってそもそも何?

子供の頃リトマス紙に液体をかけて、赤色リトマス紙が青になればアルカリ性、青色リトマス紙が赤になれば酸性、変化なければ中性っていう実験やりましたよね。

中学時代ではBTB(ブロムチモールブルー)溶液を使って、青ならアルカリ性、黄色なら酸性、緑なら中性というのをやったかもしれません。

高校では水素イオン指数pH(ピーエイチ、ペーハー)が7より小さければ酸性、7より大きければアルカリ性、7なら中性という勉強をします。
そしてアルカリ性という言葉は塩基性と言いましょうと教わり、水素イオンと水酸化物イオンによって酸性とかが決まると知ります。

ここまでは水溶液のことでなんとなく理解しやすいのですが、水に溶けない中性脂肪が中性ってのはどういうこと?という疑問が出てきますよね。

そこで化学では水素イオン(プロトン)を失うものを酸性、得るものを塩基(アルカリ性)と定義しています。

例えば水は普通に考えれば中性ですが、水素イオンを失う場合もあれば、水素イオンを得る場合もあるので、酸性にもアルカリ性にもなれる、と考えるのです。

なんとなく酸性は酸っぱいもので、塩酸とか硫酸とかをぶっかけられると危ないとか、酸性雨は自然を破壊するというイメージから『酸性=悪いもの』と思い込みがちですが、いいも悪いもなく、水素イオンのやり取りがどうかを判断しているだけなんです。

つまり中性脂肪は水素イオンをあげることももらうこともない脂肪ということになります。

脂肪と脂質はどう違うの?

脂質という言葉もわかりにくいですよね。

定義もはっきりしていなくて、ざっくりいうと『脂肪酸が結合しているもの“など”』という感じで、脂肪も脂質の一つでです。

コレステロールは脂質ではないが脂質のようなものだ、といったり、脂肪酸と同じく誘導脂質だという場合もあるのでさらに意味不明になりますが脂質の一つだという理解でいいでしょう。

脂質という場合は、エネルギーを蓄えるいわゆる脂肪としてだけではなく、細胞膜を作ったり、ホルモンを作ったりする材料として使われるものだと覚えておいてください。

血液検査をした時の血中脂質や太ってきたので皮下脂肪が気になるというような場合は、大体が中性脂肪のことが問題になります。

中性脂肪を減らしたいのに「他の大切な脂質まで制限してしまって他の病気になる」なんてことがないように気をつけたいですね。

↓↓オススメの水溶性ケイ素サプリメントはこちら↓↓
ウモ・ウモグリーン

 - ダイエット, 生活習慣病, 美容健康のための化学・科学・医学