脂肪吸引でおこる後遺症とは?

      2016/06/23


近年脂肪吸引の技術が飛躍的に進歩しているため、昔のように無理やり脂肪をかき出すというものではなくなっているのはご存知でしょうか。

それでも脂肪吸引は自然に脂肪が燃焼するわけではなく、器具を使って脂肪を吸い出すため、体に大きな負担があるイメージがあると思います。

確かに手術というものはどんなものでも、いくら進歩した技術を使っても全く後遺症をなくせるわけではありません。

脂肪吸引でおこる後遺症とは具体的にどのような症状があるのでしょうか。

後遺症として起こる症状は?

まず脂肪吸引の後遺症として一番多い物が内出血かゆみ患部の腫れなどです。

これらはマッサージやある程度の時間を経過することによって次第に収まってくるので、しっかりと医者の指示するアフターケアを行う事が大切になってきます。

少し重い症状ですと、感染症、脂肪塞栓症(脂肪吸入時に血管を傷つけてしまい、そこから脂肪がしみ出して血管が詰まってしまう症状。)内臓の損傷、知覚異常などがあります。

知覚異常は徐々に収まり、他の後遺症も適切な処置をする事によってある程度快方に向かいます。

感染症等も、メスを体に入れる処置の場合には脂肪吸引に限らずリスクがある物ですが、だからこそ信頼出来るドクターを探すことがとても重要になってきます。

後遺症が起こった場合にはどのような処置が行われるのかも合わせて確認しておきましょう。

なんか調子が悪いと思っても、すぐに通院することが出来なくて様子を見てしまうというのは危険です。

脂肪吸引における後遺症を回避するために

脂肪吸引は人生で何度も経験することはないため、術後に体がどの様に変化をするのか、想像することは難しいでしょう。

そのため手術をうける前に、自分で調べられる範囲でまずは事前に調べておいて、しっかりとカウンセリングをうけることがオススメです。

医者の技術不足による後遺症は、クリニック選びをしっかりすることで事前に回避出来ます。

もちろんカウンセリングを受けたとしても必ずそのクリニックで手術を受けなければいけないわけではありません。

実際に脂肪吸引を受ける場合は、複数のクリニックでカウンセリングを受け医者を見極めることが重要になります。

そして後遺症の回避には患者自身も、術後に医者の指示通りにちゃんとケアすることも大切です。

クリニックによっては術後のケアが雑なところがあるようですが、湘南美容クリニックのように、気になることがあれば担当医にメールで相談ができるサービスがあると安心ですね。

>>湘南美容クリニックのホームページはこちらをクリック<<

脂肪吸引

 - 脂肪吸引, 美容整形