ビサラボ用語集|は行

皮下脂肪

体内に蓄積された体脂肪の一種で、皮膚のすぐ下にあります。
エネルギーの貯めたり、外から加わる力のクッションとして働いているので非常に重要です。

女性の下半身に蓄積されやすく、女性らしい体のラインをつくる要素もあります。

飛蚊症

視界にゴミや虫のようなものが飛んでいるように見える症状のことです。
形や大きさはさまざまで、視線を動かすと追いかけてくるような動きをする場合もあります。

関連記事『スマホの見過ぎが原因? 飛蚊症は放置しておくと危険!

プラセンタ

別名胎盤で、医療や美容の施術で使われているプラセンタは胎盤そのものではなく、胎盤から抽出された胎盤エキスのことを指します。

細胞分裂を促進して肌の再生能力を高めたり、抗酸化作用によって老化を防ぐなど、様々な効果を持っています。

プロテーゼ

鼻やアゴなど、美容外科で形成したい箇所に挿入される材料のことです。

人間の軟骨に似ているので、人工心臓や人工関節の素材として医療でも使用されています。
変形や変質もないので、美容外科では患者の希望に合わせてプロテーゼを挿入して、鼻やアゴのラインを作っていきます。

関連記事『アイプチの次は鼻プチ?簡単にスッキリ鼻を手に入れよう

平行型二重

二重のラインの幅が目頭から目尻までほぼ平行になっている状態をいいます。

幅が広いと目が大きくハーフっぽい印象となりますが「整形した感」が出てしまいます。
狭いと大人っぽい印象になりますが、二重の幅は好みや似合う似合わないなど人それぞれです。

ほうれい線

頬がたるんだ重みによって、小鼻から口もとにかけてできるしわのことです。
漢字だと「法令線」と書き、鼻唇溝(びしんこう)ともいいます。

表情筋を鍛えたりヒアルロン酸を注入したり、脂肪吸引することで消せる場合があります。

関連記事『脂肪吸引をすると顔のたるみはどうなる?

ボトックス

ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種で、局所的に筋肉の動きを弱めることで筋肉の収縮を抑制します。

ボトックスを注入し筋肉のバランスをコントロールをすることで、張っているエラを目立たないようにしたり、表情じわを軽減することができます。

また顔だけでなくふくらはぎに注入し足を細く見せる効果もあります。

関連記事『ボトックスで失敗しないようにするにはどんなことに気をつければいいの?

ポリプロピレン糸

合成繊維の一種で、医療や美容外科では手術用の縫合糸として使われています。

ポリプロピレン糸は非吸収糸で、吸収糸より手術跡が残りにくいというメリットがあります。

公開日:
最終更新日:2016/09/13